ここから本文です

MOOER ( ムーアー ) / Micro PreAMP 005 プリアンプ

MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ

  • MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ画像1
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ画像2
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ画像3
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ画像4
  • MOOER ( ムーアー )  / Micro PreAMP 005 プリアンプ画像5
5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
Mooer Micro Preamp 005は、EVH 5150タイプのプリアンプペダル。EVHのシグネイチャーとしてだけでなく、モダンハイゲインアンプの基礎として今尚多くのアーティストに愛されるブランサウンドを再現。ワイドレンジかつタイトながらギターの美味しいミッドレンジを存分に味わえるサウンドが特徴です。
■ギター用エフェクター
■プリアンプ
■EVH 5150タイプ
■コントロール
・VOL:音量を調整します。
・GAIN:歪みの強さを調整します。
・TRE:高域の出方を調整します。
・MID:中域の出方を調整します。
・BASS:低域の出方を調整します。
・CH/CAB:プッシュすることでチャンネルを切替えます。また、2秒間の長押しでキャビネットシミュレータのON/OFFを切替えます。
・フットスイッチ:2つの動作モードを備えています。動作モードを切り替えるにはフットスイッチを2秒間長押しします。
アクティブ/バイパス:フットスイッチを押すことでプリアンプのアクティブとバイパスを切替えます。通常のエフェクターのように使うことができます。
チャンネル切替え:フットスイッチを押すことで2つのチャンネルを切替えます。常時ONのプリアンプとして使う際に有効です。
■接続
・DCIN:センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。消費電流は300mAです。
・INPUT:楽器側のケーブルを接続します。プリアンプとして使う場合、前段に歪みエフェクターなどを接続することも効果的です。
・OUTPUT:アンプやPA側のケーブルを接続します。アンプのインプットやエフェクトリターン、PAなどに接続します。空間系エフェクトなどは後段に接続すると効果的です。
■スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:300mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:160g

~メーカーサイトより~
■Micro Preampシリーズとは
Mooer Micro Preampシリーズは、様々な真空管アンプのサウンドをミニサイズ筐体に収録したデジタルプリアンプペダルです。"Inteligent Amplifier Modeling"テクノロジーにより、本物のチューブアンプが持つサウンド、ダイナミクス、レスポンスをキャプチャしました。

小さな筐体には機能が満載。3バンドEQを搭載し、2つのチャンネルを選択可能、さらにキャビネットシミュレータも内蔵します。フットスイッチはアクティブ/バイパスだけでなくチャンネル切替えスイッチとして使うこともできます。

Micro Preampシリーズのペダルは、エフェクターとしてはもちろんのこと、エフェクトリターンやパワーアンプインプットに接続し、アンプのパワーアンプを直接駆動させることもできます。さらにスピーカーシミュレータを使用してのラインレコーディングも可能。PAやモニターに直接出力することもできます。

■完全独立したデュアルチャンネルを装備
Micro Preampシリーズは独立した2つのチャンネルを選択することができます。操作を行うコントロールノブは共通していますが、2つのチャンネル間でノブの操作が影響することはありません。CH/CABボタンやフットスイッチでチャンネルを切替えると、現在のノブの位置にかかわらず、前回の設定がそのままロードされます。
つまり、一度作った音は、チャンネルを切替えてノブを動かしても影響することがありません。
チャンネルを切り替えるとLEDカラーが変わるため、現在のチャンネルも一目でわかります。

■キャビネットシミュレーター搭載
Micro Preampシリーズにはスピーカーから出た音をシミュレートするスピーカーシミュレータを内蔵し、PAやモニター、オーディオインターフェイスなどに直接接続することもできます。スピーカーシミュレータのON/OFFはCH/CABボタンを長押しすると切り替わります。キャビネットシミュレータがONになっている間、LEDはゆっくりと点滅します。

※画像はイメージです。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.2)
  • レビュー数:9
この商品のレビューを書く

2019/03/02

11111最高の買い物

投稿者名:えひ 【長崎県】

このサイズで2チャンネル仕様、EVHタイプ、キャビネットシュミレーター付き。
音も申し分無し。
5150オーバードライブよりも好きな音でした。
EVHアンプを使ったこと無いので再現度は判断出来ませんが、
全域で張りのある音色は最高です。
各つまみの調整もいい感じだと思います。

レビューID:90179

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/04/11

11111素晴らしい

投稿者名:ROLLING 【群馬県】

あまりにも良かったので、もう一つ買っちゃいました。EVH5150の音質そのままな感じです。
mooer micro preampシリーズは、全て、2ch仕様です。
このクリーンチャンネルは、クリーンチャンネルでGAINを上げると、若干クランチになります。GAIN下げると、綺麗なクリーンです。
ノブの設定は、2ch独立で設定が保存される仕様になっていますので、扱いやすいですよ。

レビューID:89801

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/09/02

11111良い

投稿者名: 【神奈川県】

機材をフルで持っていけない時の為に購入。
そこまですごい期待をしていなかっただけにいい意味で期待を裏切られました。
EQなども共通ではなくそれぞれ独立して設定できるため、しっかりプリアンプとして使えます。
音も思っていた以上によかったです。
ハイからローまでしっかり出てくれるしサウンドもEVHにだいぶ近いです。
ただ、ハイは上げすぎると少し嫌な音の成分が出てくるのでそこらへんはデジタル機器特有なのかなと。
いずれにしても、この値段でこの機能と音はなかなかすごいです。

レビューID:75363

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/11/06

1111想像以上

投稿者名:GT_Bunta 【東京都】

チューブ入りのペダルプリが重いので、代わりの物を探していました。こちらの評価が良かったので、お試し的に購入。JCにつないでも音が前に出てくるので、ギター2人のバンドでも問題なくライブで使えました。
これ、しばらくは手放せなくなりました。
なんと言っても軽い。

レビューID:86804

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/09/17

1111ついに!?

投稿者名:Tightrope 【東京都】

私は、010と013をスイッチャー付きブレンダーでパラレルでMIXして使っていますが、ついに布袋氏も2018のツアー用システムに、この005を入れましたね。
ランプ赤かったので、リード専用でしょうね。
普通のディストーションより、ノイズ少ないし、艶とパンチ出せるし、何よりアンプの歪みと相性良ければ、ペダルボードのシステムセッティング次第では、使わない手は無い…そんなハイブリッドプリアンプです。

レビューID:85473

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

MOOER (ムーアー)
Micro PreAMP 005 プリアンプ
ギター用プリアンプ

商品ID:235116

¥8,790(税抜)

(¥9,493 税込)

  • 送料無料

470ポイント内訳

  • 94Pt

    通常ポイント

  • 376Pt

    ボーナスポイント

  • 470Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

祝・新元号 令和セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
flumpool 阪井一生さんの作曲・アレンジ大公開 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top