ここから本文です

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / EQP-WA

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA

  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像1
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像2
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像3
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像4
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像5
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像6
  • WARM AUDIO ( ウォームオーディオ )  / EQP-WA画像7
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
世界中のレコーディング・スタジオで使用される定番のイコライザー「Pultec/EQP-1A」を手頃な価格で再現したモデル。

■チューブ・プログラム・イコライザー
■モノラル
■2U

EQP-WAはレコーディングスタジオ史の中で最も有名なチューブ・イコライザー「Pultec EQP-1A」を忠実に再現した製品です。ただ見た目が似ているだけではありません。完全ディスクリート回路設計、そしてCineMagトランスやプレミアムチューブといったトップエンドのパーツを使用し、音質にこだわり現代的に再構築されました。手頃な価格であなたの音楽に輝きを与えます。

■主な特徴
・入出力に米国製CineMagトランスを搭載
・名機"Pultec"EQP-1Aをベースに開発
・ハイボルテージ 12AX7、12AU7真空管を使用
・CINEMAG製インダクター
・EQセクションをバイパス可能(チューブ、トランスのウォームエフェクトのみ使用可能)
・インサーションロス無し
・XRL/TRS入出力搭載
・フラットな周波数特性 20Hz-50Hz
・ブースト/カットを同時に使用可能
・5つのフレキシブルな周波数帯

<仕様>
■入力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■出力端子:XLR×1、TRSフォン×1
■入出力インピーダンス:600Ω
■周波数特性:+/-1dB、20Hz~50kHz
■ヒューズ:250V、1A、ファストブロー
■ローフリケンシー・ブースト:20/30/60/100/200/400/800Hz、最大+12dB
■ローフリケンシー・カット:20/30/60/100/200/400/800Hz、最大-18dB
■ハイフリケンシー・ブースト:3/4/5/8/10/12/16kHz、最大+18dB
■ハイフリケンシー・カット:3/4/5/10/20kHz、最大-14dB
■寸法(WHD):約48.2 x 8.9 x 15.3cm
■電源:115V仕様

関連商品

スタッフレビュー

ビンテージ・イコライザーの名機「EQP-1A」をモデルにした『EQP-WA』。オリジナルを再現しつつも、より細かいイコライジングができる設計になっています。多くの方は「EQP-1A」の実機を使用したことは無いと思いますが、、私もその一人です。実際に『EQP-WA』を使ってみました。まず、EQをバイパスができる仕様となっており、バイパス時にも音に影響を与え、真空管ならではの温かくなめらかな音色へと変貌させます。これだけでも十分に使用する価値があります。次にイコライザーをONにし、ボーカルで試してみました。まずはハイとローのブーストつまみから。どの帯域を上げても音の艶や抜けの良さが増し、イコライザー無しの音と比較するとその差は歴然。空気感までもよりリアルになり、一度使うと常に掛けっぱなしにしたくなるようなやみつきのサウンドになります。一方カットの効果も抜群で、狙った帯域をより太く存在感のある音に簡単に作りだすことができました。つまみが少なくシンプルな設定で音質をワンランクもツーランクも上げてくれる魔法のエフェクトだと感じました。「EQP-1A」をモデリングしたプラグインソフトも出ていますが、この素晴らしいサウンドを『EQP-WA』で体験してもらいたいです。

営業部 / 井上 洋平営業部 / 井上 洋平

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2016/12/18

11111気に入っています

投稿者名:宅ろくろう 【埼玉県】

エレキギターやベースのライン録音、マイク録音の際、マイクプリアンプの後段に挿しています。

ブーンというハムノイズが乗る時もありますが、個人的には気にならないレベルです。
楽器の音に輪郭を出し、フレーズを明瞭に、心地よい中低域のハリと、煌びやかながら痛さの無い高域のツヤを与えてくれます。
もちろん、その逆でメロウでありながらアンサンブルに埋もれないスイートな音色もつくれます。

設計上、当然ではありますがEQをバイパスしたラインアンプのみの状態では音量レベルが上がります。
オリジナルのように“通すだけ”の使い方もアリだとは思いますが、積極的にサウンドメイクした方がこの製品の良さを味わえると思います。

外観的にチープな感じもなく、ツマミの操作感も良好でコスト/パフォーマンスは素晴らしい。
高価なプラグインセットより、こちらに投資したいと思えるアナログ機器です。

レビューID:68672

参考になった人数:17人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

WARM AUDIO (ウォームオーディオ)
EQP-WA

商品ID:221921

¥69,800(税抜)

(¥76,780 税込)

  • 送料無料

767ポイント内訳

  • 767Pt

    通常ポイント

  • 767Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top