ここから本文です

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER4SR

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR

  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR 画像1
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR 画像2
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR 画像3
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
ER4SR(STUDIO REFERENCE)は、原音の再現性を徹底的に追求したフラットな音質が特徴のモデルです。大人気機種ER4Sの後継機種となり、正確無比な音質を追求するユーザーに最適なモデルです。アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用する事で、見た目も音質も理想的なモデルとなりました。デタッチャブルケーブル採用で長く使えるモデルとなります。
  • ETYMOTIC RESEARCHの最上位イヤホンER4SRをムービーでご紹介!
    大人気モデルER4Sの後継機種にあたるER4SRは、原音の再現性を徹底的に追求したハイエンド・イヤホン。 フラットで正確無比な音質を追求するプロミュージシャンやオーディオファンに最適です。 アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用し、デザインだけでなく音質も向上。着脱式ケーブルを装備し、 ユーザー自身で取り外しすることが可能です。

  • スタジオリファレンス

    スタジオリファレンス

    ER4SRは、原音に忠実な音を追求した、ETYMOTICの新たな高精度スタジオリファレンス・イヤホンです。往年の名機「ER4S」の音を受け継ぎつつ、より大きな出力音圧レベルと、一層磨き抜かれた高い原音再生力を実現しています。

  • アノダイズド加工を施したアルミ製ボディ

    アノダイズド加工を施したアルミ製ボディ

    アノダイズド加工とレーザーエッチングを施した滑らかな質感のアルミ製ボディを採用し、歪の無いクリアなサウンドを実現。

  • MMCX着脱式ケーブル

    MMCX着脱式ケーブル

    ケーブルは、ユーザー自身でも交換が可能なMMCX着脱式ケーブルを採用しています。

  • 高精度バランスド・アーマチュアドライバー

    高精度バランスド・アーマチュアドライバー

    高精度で独自のチューニングを施したバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、20Hz~16,000Hzの周波数帯において、原音を90%以上正確に再生する卓越した周波数特性と高品質なサウンドを実現します。

  • 圧倒的な遮音性

    圧倒的な遮音性

    周囲のノイズを最大98%(35dB~42dB)シャットアウトする最高クラスの遮音性を実現し、周囲のノイズをほぼ完璧に遮断します。この高い遮音性により、音楽の音量を必要以上に上げることなく、耳に安全な音量で音楽を楽しむことができます。

  • 専門エンジニアによるドライバー・マッチング

    専門エンジニアによるドライバー・マッチング

    ETYMOTIC RESEARCHの専門エンジニアがドライバーユニットを精巧にチューニングし、左右それぞれのイヤホンに搭載されたドライバーの周波数特性を正確にマッチング。また、測定した周波数特性とエンジニアのサインが入ったコンプライアンスグラフが同封されています。

<仕様>
■カナル型イヤホン
■スタジオリファレンス・モデル
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

<付属品>
■イヤホン本体
■1.5m着脱式ケーブル、3.5mmステレオミニプラグ(金メッキ)
■6.3mmステレオ標準変換プラグ
■イヤーチップ各種
■フィルターチェンジングツール
■シャツクリップ
■専用ポーチ
■コンプライアンスグラフ(エンジニアサイン入り)

<ETYMOTIC RESEARCHとは>
■Etymoticは30年以上も昔、初めて高遮音性イヤホンを世に送り出しました。
聴覚の研究、検査において独自に開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーをイヤホンへ初めて採用し、このBA型ドライバーを高性能イヤホンに搭載するドライバーのスタンダードへと確立しました。
ER4は、Etymoticの音響技術を取り入れて初めて開発した、優れた分解能、高い遮音性を誇るコンシューマー向けイヤホンです。今日では、ER4は、高性能BA型イヤホンのトップモデルとして世界中で認知されています。


〈保証期間〉
■安心の2年保証付き!ETYMOTIC RESEARCHは、サウンドハウスが正規代理店です。
タイプ スタジオ・リファレンス 低音強化タイプ
ベースモデル ER4S ER4PT
特徴 原音の再現性を徹底的に追求
全帯域を極限までフラットに再生
低音の力強さを増した躍動感あふれる音質
原音を忠実な中高域
ドライバー カスタム・バランスド・アーマチュア×1 カスタム・バランスド・アーマチュア×1
ハウジング アルミ製(アノダイズド加工) アルミ製(アノダイズド加工)
ノイズ・アイソレーション(遮音性) 35~42dB 35~42dB
インピーダンス 45Ω 45Ω
感度 98dB(@1kHz、SPL at 0.1v) 98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
周波数特性 20~16,000Hz 20~16,000Hz
最大出力音圧 122dB SPL 122dB SPL
プラグ 3.5mmステレオミニ、L型 3.5mmステレオミニ、L型
ケーブル 着脱式、1.5m 着脱式、1.5m

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

バランスド・アーマチュア型イヤホンの草分け的存在であるETYMOTIC RESEARCHより、待望の最上位モデル「ER4SR」がついに登場!私もETYMOTIC RESEARCHの大ファンであり、とても注目していたカナル型イヤホンです。重厚で大きな作りのパッケージと、イヤホン本体を収納する頑丈な専用キャンリングケースが、より一層最上位モデル感を醸し出しています。

さっそくイヤホンを手にとって見ると、まず驚くのはケーブルのしなやかさ。前モデル「ER4S」を使用していた方はお分かりかと思いますが、「ER4S」はケーブルが太くて硬く、屋外で使用するには、やや取り扱いにくいところがありました。しかし、「ER4SR」のケーブルは、非常にしなやかで柔軟性があり、取り扱いやすいケーブルとなっています。そして、ERファンが待ち望んでいた?!MMCXプラグの着脱式ケーブルを採用しているため、ユーザー自身でリケーブルしたりと、好みのケーブルへカスタマイズできるところも嬉しいところです。

さて、気になる音質は、さすがはETYMOTIC RESEARCHのフラッグシップモデル、前機種のER4Sと聞き比べることで、一層音の解像度、フラットな再生周波数帯、音のバランス感覚に磨きがかかっています。見通しの良さ、音の分解能力はとにかく素晴らしいです。アコースティックギターのコードストロークは弦1本1本がばらばらに聴こえ、指が擦れる微妙なニュアンスもとてもリアルに再生します。音に一切の濁りが無く、ER4Sでは聴こえなかった音が聴こえる、「ER4SR」はスタジオリファレンス・イヤホンに相応しい逸品といえるでしょう。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

ETYMOTIC RESEARCHの最上位モデルの「ER4SR」。装着してまず感じるのは「つけ心地の良さ」です。軽量コンパクトな本体、特徴的なフランジイヤーチップは耳に心地良く馴染みます。
気になるサウンドは、定位感が抜群。全帯域をフラットに再生し、音の広がりをつぶさに感じ取る事ができます。オーケストラやコーラスなどは上下左右へ広がり、まるで音が見えているような感覚を覚える程。LRをめいっぱい使った楽曲の後ろで鳴っている、小さな音まで聴こえてきます。最高クラスの遮音性能とも相まって、音楽へ深く没入できます。
ETYMOTIC RESEARCHファンのみならず、音楽を楽しみたい全ての方におすすめできるハイエンド・イヤホンです!

営業部 / 土屋 康雄営業部 / 土屋 康雄

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:6

2017/11/14 

11111ER-4シリーズの正統派最上位最新機種

投稿者名:ひよこまめ 【神奈川県】

ER-4PTを愛用していて
ER-4XRを手に入れて、その違いにびっくりしたので
ER-4SRも手に入れてみました。

ER-4XRがこれまでのER-4PTとは流れが違う
まったく新しいものとすれば
ER-4SRはER-4SやER-4PTの流れを受け継いだ
正統派後継機だと思います。

ER-4PTがもつ外部音の遮音性と音の鮮明を引き継いだのは
もちろんの事、音の正確さや粒度が確実に向上しています。

また、コップの氷に水をいれたときに聞こえる
氷が割れたときの高く綺麗な音すらもくっきり再現してくれる、
そんな高音再生能力はER-4S譲りであり音の正確さ・粒度と
合わせてこのイヤホン最大の特徴だと思います。

XRほどではないけれどもER-4PTに比べて低音が強化されています。
XRは低音の強さで、楽器のもつ輪郭を際立たせて
音楽を楽しませてくれる、その反面
ときにミキシングで低音が強化された音源を聴く場合は
ちょっと低音が強く感じる時もある。
ER-4SRならばそんなことがない、どの音楽も
音源を忠実に再生してくれるオールマイティーなイヤホンなので
SRとXR、どちらか1本というのならSRをお勧めしたいです。

このイヤホン、買うのならこのお店をお勧めします。
エティモティックリサーチの正規代理店ということもあって
アフターサービスがすばらしい。

私はこのイヤホンを通勤時に音楽を聴くのに使っていて
だから、通期のひと時がとてもリッチな時間になるんだけど
長く使ってれば大事に使っていても、
ときに断線とかしてしまうのだけど
このお店で購入していれば、故障が保障の範囲内であれば、
本当に親身に対応してくれるのでとても助かってます。

ネットのお店なので店員さんに会ったことはないけども
私はこのお店をとても信頼しています。

レビューID:77352

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/12/03

11111安定した進化

投稿者名:F.cb 【兵庫県】

某店舗で色々試聴しました。主にロックを聴きました。XPERIA SH-04で設定は全てOFF状態です。

ER-4PTのS化を愛用していたのですが、それと比較します。
ハードは、ケーブルの皮膜が柔らかくサラサラした素材になっているので、大分扱いやすくなっています。MMCXなので拡張性があるのも嬉しいです。ハウジングはアルミになっていて、カッコよくなりました。さりげなくツイストペアの巻き数が少なくなっているので、これも扱いやすくなったと言えます。
音質は、やはり高音はより精密になり、低音は少し補強された、そんな印象を受けます。そこまで大きな変化は無いです。

XRと比較すると、XRの方が低音寄りに厚みがあります。個人的にバスドラムの超低音はXRの方が好きで、決して強いという程ではなく自分にはとてもしっくり来る低音です。しかし、ボーカルやエレキギターなどの音はSRの方が、歯切れよく輪郭の整った音です。XRは厚みが出ている分、少し中域に凹凸が感じられます。恐らくこれがリファレンスとリスニングに分けられた点なのだと思います。
私としてはSRの中高域にXRの超低音が合わさると理想の音でしたが、そのうち慣れる程度の話ですね。

マルチドライバーが溢れている今ですが、正直私には篭ったりクセのある印象を受けるので、そんな中でも、シングルで堂々と戦ってくれているERには本当に感謝で、ERが無かったら今頃私は果ての無いスパイラルに陥っていると思います。まだ未成年ですが。
もし壊れてもリピートするつもりです。

レビューID:68024

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/10/19

11111買って良かった

投稿者名:T.F 【埼玉県】

品切れしてたようですが一週間で届きました。
まだ、エージング中ですがレビューです。
今まではer4pをs化ケーブルで使用してました。
er4に行き着くまでにイヤホンスパイラルにはまり、色々と買い替えまくってましたが、er4買った時にやっとこれで抜け出した!と思っていたのに、後継機が。。。
s化ケーブルとの差ですが、前評判通り解像度も上がり、音の定位も定まり広がりがでました。
高域が弱くなり低域が強くなったと言う人もいますが、私は原音により近づいただけと言う認識です。
結論、より原音に近い音楽を楽しみたいなら絶対買いです。

レビューID:67229

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/28

1111190%以上の正確さ

投稿者名:muse1961h 【熊本県】

20Hz~16000Hzの周波数帯において、原音をER-4Sが86%以上正確に、そしてER-4SRは90%以上の正確さで再現できると、メーカーが保証しています。

手持ちの4Sと4SRを比較視聴しましたが、私は上記の通りのインプレッションを受けました・・・・・
例えば、カナダ人ピアニストのグレン・グールド氏の最後のスタジオ収録曲となった「ゴールドベルグ変奏曲」、著名な作品で、ご存知の方も多いと思われるCDですが、4SRで聴いてみると、米国製スタインウェイでは無く、YAMAHAのピアノで演奏されている事がさらりと描写されます。
この非凡な能力の高さが4SRがスタジオレファレンスモニター(標準機)と名付けられた所以だと感じました。

ER-4SRを購入して大変満足していますが、私にとって4Sの魅力度・存在価値は視聴後も、いささかも変わりませんでした。
どちらも密閉型カナルホンですが、4SRは密閉型スタジオモニター、4Sは開放型スタジオモニターの、どちらもかなりの高性能ヘッドホンクラスの音質性能を有しています。
そして、4Sの高音の透明で自然な美しさは正に世界唯一のもので、それ故、私にとって今後も手放せないイヤホンであると再確認しました。

正確なモニターとしての性能は明らかに4SRが4Sを凌いでいますが、今回、買い増しの形で入手して、私個人的には本当によかったと思っております。

私の視聴環境は、SONY NW-ZX100(音質調整機能は全てオフ) CDからLPCMリッピング。
ERイヤホンのイヤーピースは、グレースポンジの付属品。
ステレオミニプラグ・ジャックのクリーニング等、環境整備は抜かり無く行って有ります。

レビューID:65917

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/30

11111ついに出た!

投稿者名:なまけもの 【千葉県】

ER4Sより高域が少し強調されたER4Bをずっと使ってきました。その4Bと比較して,高域は美しく自然な味わいです。
低域は従来どおりタイトですが,量感はアップしている。全体的に音像がよりハッキリしていて,エイジングとともにどんな美しい音になっていくのか楽しみ。
デザインは高級感があるものの相変わらず無骨で,外見より内容で勝負だ,と主張しているような感じが好ましい。

レビューID:65397

参考になった人数:17人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! KOMPLETE KONTROL特集 パスワードを入力してプレゼントをGET!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top