ここから本文です

RECORDING KING ( レコーディングキング ) / RAJ-122-SN

RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RAJ-122-SN

  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RAJ-122-SN画像1
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RAJ-122-SN画像2
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RAJ-122-SN画像3
  • RECORDING KING ( レコーディングキング )  / RAJ-122-SN画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
RECORDING KINGのスロープショルダー RAJ-122-SN。ソリッド・アフリカンマホガニーを使用した仕上がりとビンテージ感溢れるデザイン。グッドタイム・ミュージックの名作を数多くリリースしてきたイアン・マシューズも愛用していたアコースティック・ギターの逸品です。
■アコースティックギター(アコギ)
■スロープショルダータイプ
■カラー:サンバースト
■トップ:ソリッド・シトカスプルース
■サイド/バック:ソリッド・アフリカンマホガニー
■ネック:マホガニー、シンCシェイプ
■指板:ローズウッド
■ナット幅:1-11/16インチ
■スケール:25.4インチ
■ブリッジ:ローズウッド
※ケースは別売りです。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:1

2017/07/07

1111“手のかかるアコギ”

投稿者名:マッキー 【愛知県】

購入1.5ヶ月使用での評価です。
 見栄えは、G社J.Bモデル(12FJ)によく似てGoodで、音もマズマズ出ます。しかしその為か、とにかく各弦の出音バランスが悪く、ふくよかな音と言うより、ウルサク感じられます(コストなり?or中華製の為、ナット&サドル下面の平坦性が悪いか?)。又12FJの為か、EXライトでは、テンションが下がりすぎ、ビビリすぎて、演奏できるレベルではありません(在庫ゆえの逆ゾリ?)。従って、ライトでのダウンチューニングも同じ事に成ると考えられます。12Fジョイントて、ミディアム以上しか張れないなのかな~?
これも踏まえ、レコキンアコギの個性なのかもしれませんが、メンテを考えると、面倒で厄介なアコギだナ~!と感じました。しかし化ける可能性は感じます!

PS:音屋さんに逆ゾリ、メンテして頂きました。確かにビビリは少なくなりましたが、当たり前ですが、その分弦高が少し上がり、前より弾きにくく成ったとは感じます。弦高については、自分でブリッジを削れば済むだけなのですが、このアコギ、廉価な分だけ、ブリッジのトップとかネックのメンテに今後手が掛りそうでです。しかし音は以前より、強くピッキングが出来ますので、G社製(J-45?)にも劣る事なく、CPから考えれば、上かもしれません(笑い)。まずはSHさんにお礼方々、一報を入れさせて頂きました。

レビューID:68219

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

RECORDING KING (レコーディングキング)
RAJ-122-SN
アコースティックギター

商品ID:205749

¥45,800(税抜)

(¥49,464 税込)

  • 送料無料

494ポイント内訳

  • 494Pt

    通常ポイント

  • 494Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

ASK

歳末セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 社内審査結果発表&ユーザー投票 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top