ここから本文です

HOME

Line 6 ( ライン6 ) / Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー

Line 6 ( ライン6 )  / Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー

  • Line 6 ( ライン6 )  / Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー 画像1
  • Line 6 ( ライン6 )  / Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー 画像2
  • Line 6 ( ライン6 )  / Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー 画像3
10
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
ライブ、レコーディング問わず、いつでもどこでもワールドクラスのギタートーンを生み出す最先端マルチエフェクター
<主な特徴>
1.200種以上のアンプとエフェクトを搭載
200種類以上のアンプとエフェクトを搭載、ウォームなビンテージトーンからハイゲインのパワフルなサウンドまで、さまざまな音色で演奏やレコーディングを行うことができます。人気のストンプボックスからLine 6オリジナルまで多彩なエフェクトを搭載しており、高度で柔軟な音作りが可能です。

2.専用アプリケーションにより、手元で簡単に音色をコントロール可能
iOSとAndroidに対応したアプリケーション「Firehawk Remote」により、スマートフォンやタブレット端末を使って簡単に思い通りの音色を作り出ることができます。また、クラウド上の膨大なトーン・ライブラリーから音色セッティングを引きだすことも可能です。プリセットは無制限に作成、保存、リコールできるため、いつでも必要な音色にアクセスできます。

3.ライブやレコーディング、音作りなど、幅広い用途に対応できる高い機能性
外部のエフェクターやスピーカーなどを接続できる多様な入出力を装備しており、低レーテンシーでMacやPC、iOSデバイス*へのレコーディングも可能。また、耐久性の高い堅牢な構造を採用しており、ライブ演奏にも適しています。
※iOSデバイスとの接続には、「Apple iPad Camera Connection Kit」が必要です。

<主な仕様>
・50種類のHDモデルを含む200種類以上のワールドクラスのアンプとエフェクト
・5つのエフェクトのオン/オフ、カラーLEDリング付チャンネル/バンクフットスイッチ
・オンボード・トーン・コントロールに加え、Android・iOS用RemoteアプリによるBluetooth経由の詳細なエディット機能
・128種類の内蔵プリセット
・1/4インチギター入力、VDI入力
・1/4インチおよびXLRメイン出力、へッドホン出力
・パワフルなDSPによる低レーテンシーUSBレコーディング
・エクスプレッション・ペダル入力
・サイズ: 約510W×280D×80H(mm)
※電源アダプター付属
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

PODシリーズのアンプモデリング技術と、AMPLIFiシリーズのアプリ連動エディット機能を合わせ持った、高性能ギター・マルチエフェクターです。マルチエフェクターと聞くと、エフェクターに詳しくないと設定が難しそう、と不安になる方もいると思いますが、Firehawk FXの操作はいたってシンプル。ギターを繋げば初心者でも素早く目的の音色に辿り着けます。

Bluetooth接続に対応し、iOS/Androidアプリ「Firehawk Remote」を使用することで、ワイヤレス・コントロールが可能。オンライン上にいるたくさんのユーザーが作成したサウンドにアクセスし、アプリ上でアンプやエフェクトの音色を細かくエディットすることができます。

アンプに繋いでエフェクターとして使うだけでなく、PC/MacにUSB接続し、オーディオインターフェイスとしてレコーディングに活用することも可能です。ライブやスタジオからDTMまでマルチに活躍するペダルタイプのマルチエフェクターです。

営業部 / 荒牧 真人営業部 / 荒牧 真人

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:10
この商品のレビューを書く

2017/06/21

11111初マルチ

投稿者名:あかさたな 【福岡県】

2ヶ月ほど使って見た感想です
良い点
・操作が圧倒的に楽です。普段椅子に座って弾いているので音を変える時などには前屈みになって大変だったのですがその負担がなく新しくトーンを作る時もスマホで出来るので非常に楽です。
・同じジャンルのエフェクターが複数あるので思ったのと違うという事が殆どない。単体では買わないであろう変わったエフェクターもいくつかあり楽しいです。
・Bluetoothに接続しなくても普通に使える。
これは少し不安だったのですが本体にトーンをいくつも保存して足の操作で呼び出せBluetoothをおふにも出来るのでライブでも全く問題ありません。

悪い点
・Bluetoothで繋がる距離がかなり短い気がします。
特に別のアプリで音を流しているとよく途切れます。しばらく経つと安定してくる感じはありました。

見た目も良く音は申し分なく種類もかなり多いのでかなり満足しています。
時間はかかりますがBluetooth経由で更新も出来たのでスマホかタブレットがあればPCは必要ないです

レビューID:73629

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/11/12

11111家で使う分には

投稿者名:まんまる 【北海道】

届いたばかりですが家で使う分にはかなり良いです。
初心者の方でも普通のマルチのボタンをカチカチしてエフェクト選ぶよりタブレットなどでやる方が操作しやすいですし、楽しいと思います。
プリ切り替え時にボタンを押した時のカチッって感じの間で少し途切れます。自分的には許容範囲です
歪みエフェクトに関しては耳が肥えた人が使わなければ全然いいです
サービスでエフェクターのケースも付いてきたのですが、私に届いたものは片方だけ少し固定する部分がかかりが悪く、カチッとしまりませんでした。少し残念です。
悪かった点はマルチとヘッドホンと1mシールドを頼んだのですが体の半分以上のある箱で届いて中身は紙とダンボールのマトリョーシカでした。
頑丈にするのはいいのですが、あの大きいダンボールの片付けが物凄く面倒だったのでもう少しコンパクトにして送って欲しかったです。

レビューID:67690

参考になった人数:13人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/04/15

11111音良いですね♪

投稿者名:shout 【広島県】

BOSSGTシリーズからの乗り換えです。
まず使い勝手が良いです。
9インチタブレットを使ってますが操作性も良く画面も見やすくて良いです。
クリーンと歪の切り替え時に音切れがありますが同じ種類のアンプに設定すると音切れが解消されました。
まるで違うアンプだと変な音の切り替わり方になります。
先日、ライブで使いましたが足元がLEDでカラフルで見やすいです。
歪系の音もクリーン系もとても良いです。
空間系も綺麗で、ギターアンプで鳴らしてもクリアに出ます。
ラインでPAから鳴らすと奥行感もあり迫力もあります。

レビューID:63220

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/04/09

11111制限はあるが使いやすい

投稿者名:emma 【香川県】

普段、ライブはコンパクト、自宅ではline pod xtを使っています。
久々に新機種のマルチエフェクターを購入。
pod xt からの移行なのでまずアンシミュの鮮明さに感動。初期設定ではイコライザが極振りされていたりしますが調節すればいいので問題なし。
初代ipad miniでblue toothつないでますが不具合なし、さくさく動きます。
自宅での練習や宅録ではものすごい威力を発揮します。

ライブで使う場合ですが、各エフェクターをon/offする場合は問題ないですが各プリセットへ移行する時にほんの一瞬ですが音が途切れます。ぶつっという感じではないですが無音から瞬時にフェードインする感じです。演奏中に瞬時にプリセット切り替えをするような場合には注意が必要です。

また、キャビネットにリターンでつないでアンシミュを選んでいるとき、キャビネットシミュをoffにしてもアンシミュを変更するとキャビネットが再度onになります。アンシミュだけ使いたい場合の音作りの際には手間になります。

パライコはありますがグライコはありません。

本体にあるペダルは強く押し込むとワウ、ボリュームなどに切り替えることができるので便利です。

以上より音作りに関して少し制限があるようですが、1つのエフェクトと多彩に使うのではなく、かなり豊富にあるエフェクトを適材適所に使っていく、というような音作りになってくると思います。

見た目は素晴らしく、とてもかっこいいです。
無駄をなくしたデザインで、カラーLEDがとても映えます。
ちなみに青いラインはLEDではなく光りません。

レビューID:63097

参考になった人数:20人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/07/26

11111使いやすい。

投稿者名:FB 【宮城県】

使ってまず思ったことは「使いやすい」ということでした。
前提としてスマホやタブレットで専用アプリをインストールして、Bluetoothでfirehawkと接続するといった感じです。(私はiPad miniで快適に操作できています。iPhone5でもフリーズはまだありません。)
公式サイトに多くのデモ動画がありますがアンプのgainやエフェクトを指先で調整するのでとても感覚的にできます。
この商品のウリである素早く自分の音を作ることができる、という点でとても良い製品だと思いました。
ですのでライブ直前のリハや早急に手直しする時は手元にスマホがあれば簡単に調整できると思います。

この製品は同社のAmplifiにPODHD500Xを足した感じでしょうか。
音のクオリティは流石のline6ですね。
ただしデュアルアンプはできないので多少制限はかかりますが内蔵しているアンプで私は十分でした。(firehawk専用アプリがストアにあるのでそこから内蔵しているアンプやエフェクトなど確認できます)
手軽にクオリティの高い音を作れてコンテンツも豊富です。
迷っている方は是非!

2週間ほど使ってみての感想
アンプモデルはHDモデルがとても鮮明。それぞれの特徴を掴んでる気がする。
modは当然だけど軽い感じから変態みたいな音まで作れる
ディレイはディレイTimeを足元のtap部分で調節するかタブレットで時間を調節する。
リバーブは優秀。
シンセとかいうのもあったけどまだ使ってません。
ただ足が広い自分は間違えて違うフットスイッチを押したりする事があった。
全体的に見たら大満足です!

レビューID:57518

参考になった人数:16人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

Line 6 (ライン6)
Firehawk FX マルチエフェクトプロセッサー

商品ID:203641

¥34,300(税抜)

(¥37,730 税込)

  • 送料無料

3,770ポイント内訳

  • 377Pt

    通常ポイント

  • 3,393Pt

    人気ブランド ポイント最大10倍キャンペーン

  • 3,770Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top