ここから本文です

PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース ) / C4

PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース )  / C4

  • PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース )  / C4画像1
  • PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース )  / C4画像2
  • PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース )  / C4画像3
  • PJB(PHIL JONES BASS) ( フィルジョーンズベース )  / C4画像4
  • メーカーサイト
5インチ・カスタム・スピーカーを4基搭載するベース用キャビネット。レンジが広く、サイズを超えた大迫力サウンドを実現。豊かな低域から、抜けの良い高域までクリアーに再生します。
■ベース用キャビネット
■許容入力:400W/8ohm
■スピーカー:5"×4
■周波数特性:30Hz-15kHz
■寸法、重量:360W×340H×320Dmm、11.9kg

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1

2018/07/15

11111やっぱりPJBのヘッドにはPJBのキャビネット

投稿者名:タヌキ 【兵庫県】

と言うことで、サウンドハウス様でではないですが毎年?一台づつ買い足して、、、現在4台を保有しています(可搬性と懐具合の点でこうなりました)。
自分の演奏環境ではぶっちゃけ、、、基本的に一台だけでも必要十分では有りますが
キャパや演奏形態のTPOに合わせて台数を加減しています。
2台~4台では小ライブハウス~大ホールクラスや野外イベントに十分対応可能な音圧とヌケが得られます。
特に3台、合計5インチスピーカー12発(メーカー/代理店が推奨?のC4+C8と同じ)や4台、16発だと抜群。
PJBではあまり聞かれない背中に高音圧を感じて、、、があります
単体で95dB-W-Mのようです(12インチ一発と同程度)
また、以前音楽雑誌でメーカーのインタビュー記事で16発の16Bキャビネットが一般的な12インチ×4発と同等な音量音圧だ。
と有ったので、逆算して?C-4単体だとやはり12インチ×1発か10インチ×1発ぐらいの感じかと思われます。
小口径スピーカー多発キャビネットゆえにレスポンスの速さ、レンジの広さ、抜けはピカ一で、だぶつき感は皆無です。
あわせてPJBのアンプ同様、音量が増減しても音質や鳴り感はほとんど変わりません。(同じ音質で音量変化する)
因みに、ヘッドはD-600をメイン(単体(200W/8Ω)、2台(450W/4Ω)、3台(575W/2.67Ω)、4台で最大の600W/2Ωに、
メイン/サブにD-400(単体200W/8Ω。2台350W/4Ω)
//2017年6月出荷分以降、スピーカーが新型にリニューアルされています。
、、、センターキャップがシルバータイプとなりサウンドや効率がアップしたとのこと。
(/併せてスーツケースコンパクトのスピーカーも同様の新型スピーカーに変更されています。)
、、、(汗)

レビューID:66983

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

PJB(PHIL JONES BASS) (フィルジョーンズベース)
C4
ベースキャビネット

商品ID:197386

¥48,000(税抜)

(¥51,840 税込)

  • 送料無料

2,590ポイント内訳

  • 518Pt

    通常ポイント

  • 2,072Pt

    ポイント5倍

  • 2,590Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top