ここから本文です

AKG

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD6 MIX

SENNHEISER ( ゼンハイザー )  / HD6 MIX

  • SENNHEISER ( ゼンハイザー )  / HD6 MIX 画像1
  • SENNHEISER ( ゼンハイザー )  / HD6 MIX 画像2
  • SENNHEISER ( ゼンハイザー )  / HD6 MIX 画像3
  • SENNHEISER ( ゼンハイザー )  / HD6 MIX 画像4
  • メーカーサイト
プロフェッショナルのサウンドエンジニアの要求に応えるために開発されたモニターヘッドホン。ゼンハイザーの開発した音響システムにより、正確なバランス、優れた音場表現が可能です。

[直輸入品]

<特徴>
■堅牢性に優れた軽量パーツを採用し、過酷な環境でも耐える高い耐久性を実現します。
■ゼンハイザーの開発した音響システムにより、ミックス作業とモニター作業に必要な正確なバランス、優れた音場表現が可能。
■耳を覆うオーバル型イヤーパッドは、最高の着け心地を約束。また、遮音性能に優れ、大音量下の現場でもしっかりとしたリスニングを可能にします。
■ケーブルには1.5mカールコードと3.0mストレートケーブルが付属。着脱する事が可能で、左右どちらのハウジングにも接続することができます。
■プレミアムケースが付属。

<仕様>
■プロフェッショナルDJヘッドホン
■型式:ダイナミック密閉型
■インピーダンス:150Ω
■周波数特性:8~30,000Hz
■感度:112dB
■歪み率:< 0.1%
■定格入力:500mW
■プラグ:3.5mmステレオミニ
■ケーブル:Kevlar OFCケーブル
■ケーブル長:1.5mカールコード、3.0mストレートコード
■重量:264g(ケーブル除く)
■付属品:1.5mカールコード、3.0mストレートコード、6.3mm変換プラグ、ベロアイヤーパッド、プレミアムキャリングケース

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

ハウジング部の青い「SENNHEISER」のロゴが目を惹く「HD6 MIX」。SENNHEISERの上位モデルに採用されている、特許技術「アコースティック・システム」を採用したスタジオ・モニターヘッドホンです。

「HD6 MIX」の第一印象は、今までSENNHEISERが発売してきたモニターヘッドホンの中でも音質がフラットで、バランスがとても良く感じます。

定番の「HD25」や「HD380 PRO」といった人気のモニターヘッドホンは、どちらかと言えばDJ向けの低音寄り。一方、この「HD6 MIX」は、高音から低音まで全体のバランスが良く、SENNHEISERらしい自然な鳴り方で、中低音もしっかりと感じ取れます。

音の定位も適度に拡がりがあり、リスニング用としてもいいかもしれないですね。ノリの良いダンスミュージックやJ-POP等の楽しい曲も十分に楽しめるし、落ち着いたクラシックやジャズも音の細かいところまで聴き取れるので、じっくりと音楽を聴き込みたい方にもおすすめです。もちろん、音の解像度も十分にあり、レコーディングやミックス作業にももってこい。

「HD6 MIX」は、SENNHEISERにありそうでなかったヘッドホンではないでしょうか。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1

2017/05/27

11111ヘッドフォンミキシングの名機

投稿者名:すがり 【東京都】

このヘッドフォンがなぜ話題にならないのかと以前からずっと思っており、
思わずレビューを投稿します。

ゼンハイザーのHD6/7/8シリーズは3兄弟ですが、
HD7 / HD8 はDJ向けのセッティングになっているのに対して、
HD6はエンジニア向けのセッティングになっています。
3兄弟ではありますが、兄の2機種とは全くの別物と考えて良いと思います。

そしてサウンドハウスさんのレビューとは若干異なる事も書きますが、
まずこのヘッドフォンは、基本的にミキシング用であってリスニングには向きません。
その理由は音場が比較的近い事があげられます。

CD-900STのようにべったり耳に張り付くほど近くはないのですが、
密閉型のなかでも音はだいぶデッドよりだと思います。

ただその事によって、音そのものに集中できるため、
例えば0.1db単位の細かなEQ調整をしても、
音の変化が手に取るようにわかるため、大変に調整しやすいです。

またデッド寄りであるメリットして、
聞きづかれしないので、長い間作業に集中することができます。
これもこのヘッドフォンの特徴だと思います。

一方、当然に空間系の確認は苦手な部類になると思います。

ミキシング段階ではスピーカーで全体バランスをみるため、
大丈夫だと思いますが、ヘッドフォンで空間系を見る場合は、
開放型か、半開放型など、空間系の確認に長けている
ヘッドフォンで確認したほうがよいと思います。

最後に、リケーブルが試せるのであれば、
ぜひやったほうがよいとおもいます。

ベルデンあたりのケーブルにすれば抜けもよくなるので、
空間系がもう少し見やすくなり、音もさらにキリっとすると思いますので。

色々かきましたが、国内代理店版売品は3万円を超えるヘッドフォンですが、
サウンドハウスさんでは直輸入で安くかえてよいと思います。

レビューID:73061

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SENNHEISER (ゼンハイザー)
HD6 MIX
密閉型ヘッドホン

商品ID:193945

¥18,300(税抜)

(¥19,764 税込)

  • 送料無料

197ポイント内訳

  • 197Pt

    通常ポイント

  • 197Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top