ここから本文です

BEHRINGER ( ベリンガー ) / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO

BEHRINGER ( ベリンガー )  / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO

  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO画像1
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO画像2
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO画像3
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
BEHRINGER/DCX2496はアナログとデジタル入力に対応したデジタルスピーカーマネジメントシステム。ライブをはじめ、ディスコ、映画館、ホール音響にも最適。PCからのリモートも可能で様々なスピーカーシステムに柔軟に対応。

ライブをはじめ、クラブ、ホール音響に最適、アナログ、デジタル入力対応デジタルスピーカーマネージメントシステム、DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO。1Uサイズの中に、クロスオーバー、EQ、コンプレッサー、リミッター、スピーカーDELAYなど複数のプロセッサーが凝縮され、幅広いニーズに応えることができます。システム全体をマネージメントする事ができるDCX2496の多彩な機能をご覧ください。

■スピーカーマネジメントシステム
■24-bit/96 kHz
■3 つのアナログ入力 (そのうち 1 つはデジタルステレオ AES/EBU 入力として使用可) と柔軟な接続を可能にする 6 つのアナログ出力
■究極のシグナル・インテグリティと 113 dB のダイナミックレンジを保証するハイエンド AKMョ 社製 24 ビット/ 96 kHz A/D - D/A コンバーター 内蔵
■32 から 96 kHz までのサンプリングレートを持つ外部デジタル信号の接続用サンプルレートコンバーター内蔵
■レベル依存のイコライジングを行う精確なダイナミック EQ 、および入/出力の選択が可能な非常に音楽的なパラメトリック EQ
■全入出力端子に数種類の EQ (LP/BP/HP) 搭載
■全出力端子にスピーカー保護のための「 Zero 」アタックリミッター搭載
■出力は 4 種の異なるモノまたはステレオモードで操作可能
■バターワース、ベッセルおよびリンクウィッツ・ライリーの各クロスオーバーフィルター特性に加え、6 dB/oct から最大 48 dB/oct まで選択可能なロールオフ特性を実現
■全入出力に調節可能ディレイ搭載、手動/自動による室内温度、位相およびディレイタイムの補正が可能
■A/B/C 入力から取り出されるサム(総和)信号により、内部で 4 つめの入力信号が使用可能
■ULTRADRIVE PRO フリーソフトウェアをダウンロードすれば、 RS-232/RS-485 インターフェースを介した PC からのリモート操作が可能 (www.behringer.com)
■RS-485 ネットワークインターフェースを介在してのリンク機能により複数の ULTRADRIVE PRO のカスケード接続が可能
■ソフトウェアの容易なアップデートを可能にするオープン構造
■優れた音質を実現する ULN 4580 オペアンプ搭載
■全入出力端子に金メッキ加工サーボバランス型 XLR コネクター 採用

※よくある質問
Q:DCX2496LEとの違いは?
A:DCX2496からデジタルIN/OUTとPC接続機能を省略したものがDCX2496LEとなります。操作性の違いはございません。

関連商品

スタッフレビュー

幅広い用途でお使い頂ける、アナログとデジタル入力に対応したデジタル・スピーカー・マネジメントシステムBEHRINGER/ DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO。素晴らしいのはクロスオーバー、EQ、コンプレッサー、リミッター、スピーカーDELAYなど複数のプロセッサーがこの1台に凝縮されているところです。例えば、全入出力に調節可能なディレイを搭載しており、手動・自動による室内温度、位相およびディレイタイムの補正ができます。ボタン一つでディスプレイパネルのコントロール・セクションを切り替えられるので、階層がわかりやすく操作も楽々。調整した設定は名前を付けて保存可能ですのでライヴ・ハウスは勿論、クラブや映画館、ホール音響等など、複数の方がお使いになる現場でも、瞬時に設定を替えることができ、幅広いシチュエーションでご利用いただけます。音質も大変素晴らしく、自宅でハイエンド・オーディオを楽しんでいる方にもおすすめです。

営業部 / 市原 雅之営業部 / 市原 雅之

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.3)
  • レビュー数:20

2018/05/31

11111半信半疑で導入・・・4343が覚醒

投稿者名:呟くOB 【茨城県】

スピーカーはJBLの4343ですが、もたつく感じの低音が気になりマルチアンプに挑戦。
分割周波数を決めて音出し、でも音がひどく、ネットを調べたところInputレベルが低いとビット落ちするとのことです。そこで出力ゲインを最低の-15dBにし、かなり改善しました。しかしまだ弱音時に音の劣化を感じます、さらに入力ゲインも最低の-15dBにしてプリのボリュームを上げていったところ、音が見違えるように(聴き違えるように?)生き生きとよみがえってきました。導入前はプリのボリュームは10~15だったのですが、今は50位に上げています。
4343に限らず内蔵ネットワークを通すことでDFが大幅に下がって締まりのない低音になるようです。マルチアンプにした結果、余計なネットワークの縛りから解き放たれたような鳴りっぷりです。参考までに分割周波数は290hzでBUTは24です。ノイズについて多くの人が指摘されていますが、この4日間全く気になりませんでした。(電源 200→100Vの絶縁トランスだから?)
入力も出力もアナログで使用していますが、現状不満はありません、というか曇りのない軽やかな低音の上に中高音も伸びやかに載って4343の音を改めて聴くような思いがしています。言い過ぎかもしれませんが、正に覚醒の感激があります。
ご参考までに自宅のオーディオですが、
Phono Amp Trigon Advance
NW Player N-70A
Pre Amp Trigon Snowwhite
Power Amp Trigon DwarfⅡ x 2(中高音用)
Power Amp Nuprime AST-9 x 2(低音用)
追伸 一昨日の感激から2日聴いていますが、やはり高音域の鮮度がややダウン。今デジタル入力を検討中です。
追伸2 4343から40年前に聴こえていた軽やかな低音が重たくなったのはNWのコンデンサの劣化だと思います。今回の改善はウーファが不良NWから外れたのとマルチアンプ化と半々でしょうか。
追伸3 デジタル入力した結果、入出力ゲインを絞っても大音量となり、パワーアンプ側のXLRプラグ内に抵抗を各2ケ入れて出力を絞り、入力ゲインをボリューム代わりに。音の鮮度は向上したものの個性のない音になりイコライザで好みの音に調整しました。

レビューID:82355

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/05/14

11111買い替えたら音質向上してた?

投稿者名:skeishi 【長崎県】

スロットありの旧型が故障したので、買い替えたらスロットなしの新型でした。
回路変更はないのでしょうが部品が見直されたみたいで音質が向上した気がします。
調子に乗ってB2031Pのネットワークを取り去りマルチアンプシステムにしてみました。
違和感なく使えてます。いい感じです。
故障したのはショックでしたが、故障して運がよかったのかもと思ってます。

レビューID:82245

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/11/04

11111よろしいんじゃないでしょうか?

投稿者名:六甲山麓虎キチ音キチ 【兵庫県】

オーディオ歴40年、主にクラシック全般を楽しんでいます。JBL4343Bを2ウェイマルチドライブするために購入。使ってみて3日での感想です。使用期間がウルトラ級に短いので信頼性については述べられませんので悪しからず。アナログ接続でチャンネルデバイダーとしてのみ使用してますので、その他の機能については何とも言えません。まだディレイも使っていません。いろんなところで述べられている「ノイズ」について、小生宅のシステムでは気になりません。こんなもんでしょう?てな感じです。使い勝手は、他のキカイを知らないので何とも言えませんが小生はサクサクとセットアップ出来ました。因みに小生はチャンネルデバイダー初体験です。クロスオーバー周波数や減衰曲線も手軽に変更出来てシステムの追い込みも簡単です。お陰様で内蔵ネットワークからウーハーを切り離した4343の実力を知ることが出来ました。音楽の躍動感や、演奏している場所の空気感が素晴らしく感じ取れるようになりました。当然ネットワークのCやLが必要悪で特に低域用の物はそうであることは知ってました。しかしダイレクトに駆動されるウーハーのサウンドがこれ程素晴らしいものなのか?!と正直嬉しい驚きです。このお値段でこの感動が得られるのならば、少なくともマルチの入門機として最適ではないでしょうか??
ご参考までにシステムも記しておきます。
SACD エソテリック  K-01
Pri-Ampマークレビンソン 380SL
V-Eq アキュフェーズ DG-48
C-D ベリンガー  DCX2496 U-DP
P-Amp トライゴン  TRE50M (モノ4台) 

レビューID:59494

参考になった人数:25人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/03/16

11111価格を考えると総合的に非常に良い製品です。

投稿者名:うんぱっぱ 【奈良県】

2008年7月以来ホームオーディオ用に使っていますが、価格を考えると総合的に非常に良い製品です。
私は趣味で JBL や ALTEC の古いスピーカーユニット・ホーンを組合わせてスピーカーを作って Jazz やクラシックを楽しんでいますが、ここで難しいのがネットワーク作りです。でも BEHRINGER/DCX2496 とパワーアンプを用意したら各ユニットのローパス/ハイパス周波数 (Hz)、遮断特性(6-48 dB/oct)、出力レベルが自由自在に設定可能です。低い周波数で使用するネットワーク用コイルは1つで[10,000円]位しますので、これを数種類ステレオ分用意することを考えたら非常に便利なプロセッサと言えます。
何よりありがたいのが、スピーカーからの音を測定用のマイクで拾って各ユニットの位相合わせと、ウーファ、ホーンドライバ、ホーンツイータの取り付け位置の差(距離差)を各信号にディレイをかけて、あたかも同一面上にあるかのように補正できることです。これを行うと音が非常に素直に自然になり、不思議なことに大音量時「ウルサイ!」ということがなくなります。
[使いこなし](2017/03/16 追記)
(1) 電源アースをとる。プリアンプ、パワーアンプと同様にアースを取れば電源 ON/OFF 時の「パッツーン」はほとんどなくなります。
(2) DCX2496 の入出力レベルは、振り切れない程度に大きくして、DCX2496 とパワーアンプ間にボリュームを入れると 24bit をフルに活用できるし S/N 的にも有利になります。パッシブボリュームを入れる場合は、5-10 kΩ 程度のものを選びます。

以上

レビューID:58486

参考になった人数:30人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/06/19

11111買って良かった

投稿者名:エコ21 【埼玉県】

ホームオーディオ用としてアナログ使用しています。今まで、グラフィックイコライザーとチャンネルデバイダーを使用していましたが、導入後イコライザーを外しました。低音と中音のクロス周波数を250Hzから50Hz刻みで500Hz位まで変化させてベストポイントを探すことが簡単にできます。
過去にノイズ問題があった様ですが、2013年製造品は問題無いと思います。

レビューID:41893

参考になった人数:36人

参考になりましたか?
Yes
NO

BEHRINGER (ベリンガー)
DCX2496 ULTRA-DRIVE PRO
チャンネルデバイダー(デジタル)

商品ID:19058

¥29,800(税抜)

(¥32,184 税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

321ポイント内訳

  • 321Pt

    通常ポイント

  • 321Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top