ここから本文です

AKG

AKG ( アーカーゲー ) / K612 PRO

AKG ( アーカーゲー )  / K612 PRO

  • AKG ( アーカーゲー )  / K612 PRO画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / K612 PRO画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / K612 PRO画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / K612 PRO画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
AKGの次世代モデルとして登場した「K612 PRO」は、Two-Layerダイヤフラム構造やバリモーションテクノロジー等、ハイエンドモデルの「K702」や「K712 PRO」に採用されている最先端技術を取り入れた、コストパフォーマンスにも優れたミドルクラスの開放型ヘッドホンです。

[直輸入品]

<特徴>
■2つの異なる素材で設計した「Two-Layerダイヤフラム構造」は、お互いの素材が持つ良い部分を両立させ、ダイアフラムから発生する余計な振動を抑えつつ、細かい音のニュアンスを正確に再生することに成功。くもりのない凛とした表情の中高域は、繊細なピアノのタッチからボーカルの息遣いまでを生々しく描き出します。
■ダイアフラムの厚みを中心部と外縁部によって変化させた「バリモーションテクノロジー」により、音の輪郭がはっきりとし、締りのある自然な中低域を実現。低音域の主張は強すぎず、AKGの繊細な中高域を見事に引き立たせる絶妙なバランスを保っています。
■立体的な構造をしたオープンエアー型のハウジングは、生演奏を聴いているような、臨場感あふれる広大なサラウンドフィールドを演出。音の定位や奥行きまでを極めて正確に再現します。
■耳をすっぽりと覆う大口径イヤーパッドは、側頭部への加圧感もソフトで、ベロア素材のしっとりとした質感と相まって、長時間のリスニングでも蒸れにくく、ストレスの無い心地よい装着感です。
■高級感も演出するソフトレザー製ヘッドバンドは、頭頂部へのフィット感に優れ、装着するだけでサイズを自動調整できるセルフアジャスト機能を採用しています。

<仕様>
■オープンエア型ヘッドホン
■タイプ:開放型
■感度(1kHz):92dB SPL/mW
■再生周波数特性:12~39,500Hz
■最大許容入力:200mW
■インピーダンス:120Ω
■イヤーパッドタイプ:アラウンドイヤー、ベロア製
■入力コネクター:3.5mmステレオ・ミニプラグ(金メッキ)
■ケーブル:3.0mストレート(OFC)、片出し
■重量:約256g(除ケーブル)
■付属品:標準プラグアダプター (ねじ固定式、金メッキ)
■生産国:中国製

~AKG社について(メーカーサイトより)~
■ AKG社(AKG Acoustics GmbH)は、物理学者のラドルフ・ゲリケと技術者のアーンスト・プレスの2人によって、オーストリアのウィーンで1947年に設立されました。優れた音を得るための技術を通して、創造的で要求水準の高い制作プロジェクトを長年にわたってサポートしています。そのマイクロホンとヘッドホンは世界中のコンサートツアーやレコーディングスタジオで使用され、革新的で卓越した製品設計と音楽への貢献により、2010年にはテクニカル・グラミー賞を受賞しています。
K612PRO
タイプ 開放型 開放型 開放型 開放型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー径 直径40mm 直径40mm 直径40mm 直径40mm
周波数特性 10~39,800Hz 12~39,500Hz 10~39,800Hz 10~39,800Hz
インピーダンス 62Ω 120Ω 62Ω 62Ω
感度 93dB/mW 92dB/mW 93dB/mW 93dB/mW
ケーブル長

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
ケーブルタイプ 片出し、着脱式 片出し、固定 片出し、着脱式 片出し、固定
プラグ ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオ標準
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート ストレート
本体重量 298g 256g 290g 235g
付属品

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・キャリングポーチ

ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

ステレオミニ変換プラグ (金メッキ、はめ込み式)

スタッフレビュー

高純度な音質で名高い「K612 PRO」。評判通り、実に綺麗なサウンドが特徴のヘッドホンとなります。数あるモデルの中でも最も「AKGらしい鳴りっぷり」と評判で、贅肉を削ぎ落としたシャープなスピード感が特徴です。ボワつかず、膨らまず、過不足のない低音から、素直で伸びやかな中音、繊細な響きを奏でる高音までのバランス感が秀逸で、まるで湧水のような澄んだ透明感を表現し、ハッキリした定位や音の分離感も相まってクラシックの名曲を楽しむにはもってこいのヘッドホンと言えます。

装着感が良いのも人気の秘密で、その長時間付けても疲れ知らずの耳当たりと、あまりにも聴きやすいナチュラルさは、「サブ機で買ったものの、いつの間にかメインとして使っている」という人を続々と輩出している「いわゆる名機」と言っても過言ではないでしょう。

他ブランドのヘッドホンでは類を見ない音質バランスの良さを誇り、AKGを代表するヘッドホンと言って差し支えありません。数多くのヘッドホンの中でも群を抜いて「聴きやすいヘッドホン」の一つと言えます。

戦略企画部 / 楊枝 佑介戦略企画部 / 楊枝 佑介

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:6

2016/11/18

11111普段使いに

投稿者名:マニアだった頃もありました 【神奈川県】

DT990PROではどうしても真剣に聴き入ってしまうので、
気軽にでも不満なく使えそうかなとずっと狙っていました。
安くなったので思い切って購入です。
中国製だけど粗悪なところはぜんぜん無いです。
感想はDT990PROとの聴き比べ。
生楽器の存在感と遠近の表現はDT990PRO。
動画を含めてスタジオミックス音源の判り易さはこっち。
残響音が短いので分解能はこっちのほうが一瞬良さそうだけど、よく聴くとDT990PRO。
空気音域が弱くて高域端に少しピークその先はDT990PROより少ない感じ、でもほぼフラットな音域バランス感。
音量はこっちのほうが少し取りにくいけど、再生機器の違いによる差は少なかったです。
見た目は断然こっちが上。つけ心地の良さはどっちもどっち。
横だけで固定してくれるDT990PRO、こっちは頭に乗っかる感じ。
厳しく弱点を探すと、音場感も含めてフルオーケストラの表現が苦手かも。
でもDT990PROだと聴こえ過ぎて没入してしまうところを、
すべてが良い次元でバランスしているので買って大正解でした。
蛇足ですがヘッドバンドは本革です。ちゃんとレザーマークが刻印されてます。

レビューID:67932

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/23

11111楽曲制作用

投稿者名:デストロイかわうそ 【千葉県】

DTM用に購入しました。

クリアーで音場も広め、定位もわかりやすいです。
また長時間装着していても疲れにくく、メガネをかけていても耳が痛くなるようなことはありません。

AKGのモニター用としてはK240mk2やK271mk2が注目されていると思うのですが、このヘッドフォンも価格以上の価値が十分にあると思います。

K271mk2などと比べると音の横幅が広く、すっきりとしています。ただ、これの場合はケーブルが着脱式のものではないので人によっては不便かもしれません。

レビューID:65870

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/04/12

11111優れたモニター系

投稿者名:音楽大好き 【埼玉県】

すべての音域で音がしっかりでています。
120Ωなので、それなりのアンプからの出力ですが。

モニター系のこの値段のヘッドホンとしては、解像度も高く、音も繊細で、とても優秀です。弦楽器の音もいいです。

忠実に音源を出すことに徹していて、長時間楽しむためというよりは、あくまで音を分析、モニターするためのもののようですが、音楽によっては観賞用に楽しめます。

鑑賞時においては、明晰性を求められる室内楽やバロック・モーツアルトの曲を聞く時は、このK612Proを使い、ベートーベン以後の交響曲を楽しむ時は、うねりや雰囲気を出すのに優れるBEYER DT880を使っています。

レビューID:62679

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/01/20

11111音楽制作に最適!

投稿者名: 【鹿児島県】

今まで同メーカーのK240MKⅡを使っていたのですが、とても脆く、3度の故障を期に同じような、それより少しだけ上のグレードのモノをとこちらを求めました。

DTMをしているのですが、自分の最近の作品を聴いてみると、

今までより細部が聴き取れる…!

感動です。まさかこんな次元があったなんて。未体験ゾーンでした。
すべての帯域がフラットに出るのは勿論のこと、すべての楽器がしっかり聞えてきます。

装着感もまるでいままでずっと使用してきたかのよう。笑

音楽制作をする方にこそお勧めしたい一品!
今の所悪い点が見当たらないので、なにかあれば追記します。

レビューID:61208

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/12/12

1111帯域バランスとCPが良い

投稿者名:ジャズ猫 【奈良県】

音場の広さではK702にはかなわないものの、帯域バランスがフラットに近いので、こちらのほうがよりモニター的と言えるでしょう。K702は音場、音像定位のリファレンス、K612は帯域バランスのリファレンスって感じですね。装着感はヘッドバンドに何のクッションもないので、ペタッと頭頂部を押さえられる感じがちょっと嫌。K702のボコボコパッドのほうが良かった。K702とK612の良いとこどりをした製品を出して欲しいです。イヤーカップと耳の位置の調節で結構音が変わるので、使用時は注意が必要です。

レビューID:60259

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

AKG (アーカーゲー)
K612 PRO
開放型ヘッドホン

商品ID:188556

¥11,250(税抜)

(¥12,150 税込)

  • 送料無料

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

ASK

大幅値下げ市 オススメ商品

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 6月9日 ロックの日!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top