ここから本文です

AKG

AKG ( アーカーゲー ) / K712 PRO

AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO

  • AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO画像4
  • AKG ( アーカーゲー )  / K712 PRO画像5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
AKGの最新技術が注ぎ込まれたオープンエア型ヘッドホンのフラッグシップモデルです。

[直輸入品]

  • 新開発高性能ドライバーユニット

    新開発高性能ドライバーユニット

    ドライバーには、新開発の高性能ユニットを搭載し、AKG独自のハウジング構造を採用しています。ハウジング内部の空気の流れを最適に整えることで、ドライバーユニットの持つ再現能力を最大限に発揮。開放型ヘッドホンでは再現がむずかしいとされる低域も鮮明で表情豊かに鳴らし、中高域はAKGらしい繊細で歪み成分の無い、純度の高い明瞭なサウンドです。

  • 圧倒的の臨場感、空気感まで伝わる正確な原音再生

    圧倒的の臨場感、空気感まで伝わる正確な原音再生

    音の情報量がとても多く、目の前で演奏を聴いているような臨場感豊かなサウンドは、レコーディング時の空気感や感情が伝わってくるようで、空間表現のうまさはトップレベルです。緻密な音のニュアンスを余すこと無く事細かに再現します。

  • Two-Layerダイヤフラム構造

    Two-Layerダイヤフラム構造

    2つの異なる素材でダイアフラムを設計することで、お互いの素材が持つ良い部分を両立。ダイアフラムから発生する余計な振動を抑えつつ、細かい音のニュアンスを正確に再生。

  • バリモーションテクノロジー

    バリモーションテクノロジー

    ダイアフラムの厚みを中心部と外縁部によって変化させた「バリモーションテクノロジー」は、音の輪郭をはっきりとさせ、歪みの無いクリアな中高域を実現。低音域と中高域を絶妙なバランスに保っています。

  • フラットワイヤー・ボイスコイル

    フラットワイヤー・ボイスコイル

    リボン状のワイヤーを使用したフラットワイヤー・ボイスコイルをドライバーに搭載。ワイヤーを高い密度で巻くことができるため、可動部分がコンパクトかつ軽量になり、優れた過渡特性を実現しました。強力なネオジム磁石と相俟って感度も向上し、繊細な音声信号にも俊敏に反応します。

  • 大口径イヤーパッド

    大口径イヤーパッド

    耳全体をすっぽりと覆う大口径のイヤーパッドは、耳への圧迫が少なく、長時間のモニタリングでも快適な着け心地をキープ。表面には滑らかなベロア素材を採用し、しっとりとした上質な肌触りです。
    また、イヤーパッドは取り外して手洗いもできるので、いつもクリーンな状態で使用できます。イヤーパッドの内部には、側頭部の形に合わせて変形する低反発素材を採用しています。側頭部に隙間なくぴったりとフィットすることで、「K712 PRO」の上質なAKGサウンドを存分に楽しめます。

  • 本皮製ヘッドバンド

    本皮製ヘッドバンド

    ヘッドバンドには、柔らかく耐久性に優れた本皮を採用。また、AKGヘッドホンではおなじみの装着するだけでサイズを調整できる「セルフアジャスト機能」を採用しています。

  • 使い勝手の良い着脱式ケーブル

    使い勝手の良い着脱式ケーブル

    着脱式ケーブルを採用し、万が一断線した場合でも簡単に交換が可能です。ストレートケーブルとカールコードの2種類が付属しています。

<仕様>
■ヘッドホン
■タイプ:オープンエアー型
■感度(1kHz):93dB SPL/mW
■再生周波数帯域:10~39,800Hz
■最大許容入力:200mW
■インピーダンス:62Ω
■イヤーパッド:アラウンドイヤー、着脱式、ベロア製
■入力コネクター:3.5mmステレオ・ミニプラグ(金メッキ)
■ケーブル:着脱式、片出し
■重量(ケーブル除く):298g
■付属品:3mストレートケーブル(OFC)、5mカールコード(OFC)、標準プラグアダプター(ねじ固定式、金メッキ)、キャリングポーチ

■生産国:スロバキア製
K712PRO
タイプ 開放型 開放型 開放型 開放型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー径 直径40mm 直径40mm 直径40mm 直径40mm
周波数特性 10~39,800Hz 12~39,500Hz 10~39,800Hz 10~39,800Hz
インピーダンス 62Ω 120Ω 62Ω 62Ω
感度 93dB/mW 92dB/mW 93dB/mW 93dB/mW
ケーブル長

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
3m
(ストレート)
ケーブルタイプ 片出し、着脱式 片出し、固定 片出し、着脱式 片出し、固定
プラグ ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオ標準
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート ストレート
本体重量 298g 256g 290g 235g
付属品

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・キャリングポーチ

ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

ステレオミニ変換プラグ (金メッキ、はめ込み式)

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

AKG開放型ヘッドホンのメインストリームK700系の終着点こそ、この「K712PRO」と申し上げて差し支えないでしょう。実に威風堂々とした、美しくも存在感のあるスタイルが魅力のモデルです。漆黒のブラックに鮮やかなオレンジの挿し色はいわゆる「一目ぼれ」するデザインの王道で、一瞬で「ハッ」と心を鷲掴みにされる存在感は、他を寄せ付けない程の独特な魅力があります。

その音質を一言で表すと「芳醇で繊細」。豊かで厚みのある低音から、リアルで綺麗な中音。AKG伝統の美しい高音までをバランス良く再生する、オールマイティさをプラスした鳴りっぷりが人気の秘密です。K701よりも低音の量感がある音質のおかげで、数多くのジャンルやソースとの親和性が高められたモデルとなり、様々な場面で活躍できる懐の深さを兼ねそなえたヘッドホンと言えます。その気になれば、スタジオモニターから普段のリスニングまでK712 PRO一台でこなせる程の汎用性がすごい所です。

「歴史に名を残すヘッドホン」それこそがこの「K712PRO」と言っても過言ではないでしょう。本当の意味で、上質なサウンドとデザインのヘッドホンです。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:17

2017/09/12

11111AKG / K712 PRO

投稿者名:normal 【北海道】

高低音好きな響き方です。リスニングにも使いましたがとても聞きやすく癖がありません、耳が痛くならないフィット感も good です。

レビューID:75606

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/04/12

11111安物にしては良い

投稿者名:ddg 【東京都】

タイトル通りです。

全帯域で変な癖もなく心地よく音楽を楽しめます。
この値段帯でここまでの音が出るとは思いもしませんでした。

あと黒とオレンジを基調としたデザインも素敵ですね。
デザインはAKGの中で一番好きです。

レビューID:71886

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/01/04

11111K701/702と比べて別次元

投稿者名:forest 【大阪府】

最初に音を出してみてとても驚いたのが低域の表現力です。えっ、これオープンエアだよね!?と驚嘆しました。
量感も質感もK701を遥かに凌駕しています。低音に関していえば、K701とは全く別物と言ってよいくらい違います。

高域の表現力ですが、K701らしさ、良さがさらに進化したものになっています。
K701より曇って聴こえるという声も聞きますが、単に低域がとてもよく出ているので相対的にそう感じるだけだと思います。

解像度の高さも段違いです。そしてダイナミックレンジの広さを感じます。K701よりさらに広いです。
音圧はK701より取りやすいです。

基本的にK701/702の路線なのかもしれません(見た目にはそういうデザインですし)が、その進化ぶりがすさまじく、別次元という表現が相応しいと思います。

レビューID:69082

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/28

11111本当に買って良かったです☆

投稿者名:りさりさ 【東京都】

スペックだけだとSONYのMDR-1Aの方が再生周波数がハイレゾにより対応していたので猛烈に迷っていました。

聞き慣れた24bit96KhzのFFXのBDオーディオで、良いスピーカーとヘッドホンの音質を比較したところ、全く同じ様にハイレゾが聞こえてきます。物理的に置いたスピーカーからの聞こえ方は違いますが、本当に音質は全く同じです。どう考えても、24bit96KhzのFFXのハイレゾがスピーカーと同じ様にこのヘッドホンから聞こえてくるんですよ。自分が製作者ならスペック表に96Khz対応って書いてもおかしくないですほんと。スペック上の文言に踊らされる事なく実際にやはり音を聞いてみるのが正解ですね。

SONYのはやろうと思えばリケーブル出来ますが、面倒ですし、1年位でイヤーパッド破けてくるみたいですし、人工皮革の寿命は2,3年ですから、その度に4200円のパッド交換費用かかる、って点もSONYを選ばなかった理由ですね。全然SONYは好きなんですけどね。日本人として応援もしたいですし。

AKG 712 PROは、付属のケーブルだと真価を発揮しません。自分は有名な外国のケーブルにリケーブルしました。そのおかげでスピーカーと全く同じ解像度の高い音で聞こえてきます。是非このヘッドホンを買う方はリケーブルされて下さい。しないと勿体無いですよ!

あと、携帯直だと悪くはないですが、明らかに鳴らしきれていない状態になりますので、ポータブルでどうしてもパワーが欲しい人は、やはりポタアンが必須でしょうねぇ。

ちなみに騒音を計測してみましたが、再生中は50db~MAXで65db、例えると、「静かなオフィス~話の音やデパート店内の騒音」だそうです(笑)
自宅なら壁の遮音性能もプラスされるので夜中でもあまり気にせず周りに誰も居ないなら爆音で楽しめそうです。外はやっぱり盛大に音漏れで困りそうですね(笑)

それでは、素敵な音楽ライフを!!!☆

レビューID:66629

参考になった人数:30人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/09/14

11111毎日つけたい製品

投稿者名:黄色い線 【熊本県】

同人音楽の制作及びリスニングで使用しています。以前はSONYの900STを使っていました。その側圧による耳の痛みから解放されたのは非常にうれしかったです。長時間の連続使用においてもただ一つの点を除いて不都合はありません。やはり耳をすっぽり覆う製品ですので、耳パッドが蒸れてきます。作業後に放置しても翌日までによく乾かない場合もあるのでドライヤー等を使って乾かすとより快適に使用できると思います。
そして、本当に毎日付けていて飽きない製品です。地震で県外に避難する時も一緒に持っていきました。それぐらい好きです。本当に買ってよかったと思います。
肌身離さず1年ほど使用したところで耳パッドも疲れてきてヘッドフォン本体のケーブル端子受け口が取れてL側が断線しました。自分でハンダ付けしようとしましたがだめで、修理代やその往復送料・両耳パッド交換の費用のことを考えると新たにもう一台買った方が安そう(しかも1年前に比べて9千円ほど安かった)だったのでもう一台買いました。
耳パッドを両耳替えようと思うと元の製品の半分程はかかるのでそこは注意ですね。
あとは製品自体が大きいので、900STに比べると小さなバッグやリュックでは持ち運びがしにくいかもしれません。

レビューID:66347

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO / マンガン乾電池 9V角形(006P)CP9V Mn
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 社長!ボクらの夢叶えてください!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top