ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

One Control ( ワンコントロール ) / Minimal Series 1LoopBOX

One Control ( ワンコントロール )  / Minimal Series 1LoopBOX

  • One Control ( ワンコントロール )  / Minimal Series 1LoopBOX画像1
  • One Control ( ワンコントロール )  / Minimal Series 1LoopBOX画像2
  • One Control ( ワンコントロール )  / Minimal Series 1LoopBOX画像3
  • One Control ( ワンコントロール )  / Minimal Series 1LoopBOX画像4
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンパクトなボディにエフェクトループを搭載したペダル。セッティング次第で、様々な使い方ができる画期的なアイテムです。
■ループ&スイッチングシステム
■電源:DC9V(センターマイナス、EPA-2000推奨、電池は内蔵できません)
■寸法、重量:54Wx 48Hx101mm、約120g
~メーカーサイトより~
Minimal Seriesは、ペダルの製造において一切の無駄をそぎ落とし、最小、極小サイズを実現し、シンプルながら洗練された機能性を集約。まさにMinimal=最小限と言うにふさわしいペダル。
One Control Minimal Series 1LoopBoxは、最小限のサイズにエフェクトループを搭載したペダルです。画期的なPCB配列を用いたことにより、このサイズの1LoopBoxをPCBで製作することに成功した、世界で初めてのマニュファクチャー。
1LoopBoxは、様々な使い方のできるペダルです。OFF時にはINPUTから入力されたシグナルはOUTPUTから出力されますが、フットスイッチを踏むと、INPUTから入力されたシグナルがSENDから出力され、RETURNから入力されたシグナルがOUTPUTから出力されます。シグナルへの影響を最小限に抑えるため、One Control Minimal Series 1LoopBoxは機械式のフットスイッチを用いたトゥルーバイパスを採用しています。エフェクトループとして使用すれば、複数台のエフェクターをまとめてON/OFFすることができるようになり、またバイパス時に音が大きく変わってしまうヴィンテージエフェクターなども、現代的なトゥルーバイパスのペダルとして使うことができます。
・INPUTとSEND、OUTPUTの端子だけを使えば、1LoopBoxはAB Boxとして使うことが出来ます。フットスイッチを踏めばSENDとOUTPUTに出力が切り替えられるので、チューナーアウトやアンプの切替などにご使用いただけます。
・INPUT、RETURN、OUTPUTの端子だけを使えば、複数の楽器を切り替えて使う際に便利なインプットセレクターになります。INPUT側とRETURN側、それぞれから楽器を接続することで、フットスイッチで有効な楽器を切り替えられます。
・INPUTとOUTPUTの端子だけを使えば、このペダルはミュートスイッチとなります。フットスイッチを踏むことで出力をミュートさせ、もう1度踏めば出力を元に戻すことができます。
Minimal Series 1LoopBoxはパッシブ回路を用いているため、これらの機能を使用するための電源は不要です。より視認性を高めるため、ON/OFFのステータスをLEDインジケーターで表示させる場合は、スタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプター(EPA-2000推奨)が必要です
One Control 製品カテゴリー一覧
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11100(3.1)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2019/08/30

111111台あると便利!

投稿者名Reviewed byDay dream nation 【東京都】

主に自宅用で使っていますが、便利です。
通常の1loopBOXとして、1踏みで複数台のエフェクターを噛ます使い方以外にも、
SENDからアンプへ、OUTPUTからオーディオインターフェースへという2通りのパターンを切り替えるAB BOXのような使い方も出来ます。
これが結構便利で、練習や宅録で大活躍しております。
是非試してみて頂きたいです。

レビューIDReview ID:95346

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/01/10

11111コンパクト&リーズナブル

投稿者名Reviewed bySG 【愛知県】

ワウ、チューナー、ボリュームペダルの音痩せ対策としての購入です。今まで直列配線でやってきましたが普段あまり使用しない上記エフェクターをループ化することにより図太い音が復活しました。
決定の最大のポイントは商品サイズ及びインプット、センドのジャックの位置が他社製品にはなかった点です。お陰でボードを効率よく配置できました。ただし新たにパッチケーブルを3本購入するはめになりましたが、、、
ループ以外の機能は私の音作りにとって不要ですがパイロットランプはパワーサプライより供給でき大変便利です。
不安な点はメイドインチャイナ これにつきます。
倍の価格でも日本製にして欲しかった。
まあ今後の様子見です。

レビューIDReview ID:61000

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2014/05/25

11111とてもコンパクト

投稿者名Reviewed byアンブラ 【北海道】

ZOOM B3の音痩せとノイズが気になりエフェクトループするために購入。
とにかくコンパクトで場所を取りません。
そこまで大きくないペダルボードを使ってるのでこいつは助かります。

レビューIDReview ID:49324

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/10

1111問題なし

投稿者名Reviewed bySUGA-KEN 【神奈川県】

パッシブのラインセレクターは9V気にする必要もなくいいですよ。2本BASSのABセレクターで使用してます。

レビューIDReview ID:85272

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/06/10

111OneControlのズサンさが良く分かる

投稿者名Reviewed byサンカク 【】

旧モデル(白)を持っていましたが、もう一つ必要になり今回新モデル(黒)を購入。
「黒」が届くまで、導入予定の箇所に「白」で代替にしていた。

「黒」が到着し、「白」と入れ変えたらバイパス音が全く違う!
購入前にサウンドハウスさんにはスイッチングノイズについては確認したのですが、そこは問題が無いという回答だったが・・
「白」は、ヌケが良く高域が良く出る音。
「黒」は、白より高域が無く、中域にコンプ感がある音。
で、LoobBoxを挟まない音には「黒」の方が近い。
おかしいなぁ~と思い、両方の裏ブタを開けてみたらビックリ!
(写真を見たい方は、以下の文字列の先頭に「エイチティーティーピー」をアルファベットで付けくわえてブラウザでご覧下さい。末尾の数字を1~4に替える)
://www.ne.jp/asahi/sakusaku/sankaku/loopbox/1.jpg
(↓写真の説明)
1・裏蓋に削られている箇所がある
2・両方とも、スプリングで押し出されるように金属棒が基盤から出ている
3・「黒」の方は、棒がシャーシの削られた部分に当たっている
4・「白」の方は、蓋の上下を入れ変えてもイイように2か所削られているが、棒が当たる部分と反対側が削られているため、実質役目が全くはたされていない状態

試しに「白」の金属棒が当たる個所を削ったら「黒」と同様の音の変化となった。
結果、旧モデル「白」は「高域の抜ける音」、新モデル「黒」は「原音に近く、旧より中域が出る」となった。
ですので、現行の「黒」モデルを買って「もっと高域がヌケた方がいい」と言う方は、裏蓋の上下を変えると、高域が出るようになります。
基盤自体は外していないので細かい違いは分からないが「基板上の金属棒の位置が違う」「スイッチ部品の色が違う」というのは確認できた。

しかし、この旧モデルは何なんでしょうね~?OneControl製品のいい加減さが良~く分かりました。

【追記】本来「原音を変えずに、他のペダルを使用する目的の物」なのに、メーカー側が「高音が軽くロールオフする」と回答するなんて、本末転倒でございます。
使えないので、即売りました。

レビューIDReview ID:82270

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/05/16


One Control商品サポート部です。
1LoopBox内部基板にございます金属棒は、本体のシールディングを行うために筐体と基板を通電させるためのアースとなります。
塗装は非導電のため、設置部の塗装を削っていますが、お手持ちの旧バージョンではおそらく制作時に裏蓋の取り付けを間違えてしまったものだと思います。申し訳ございません。
筐体と基板を通電させることでシールディング効果が得られますので、基本的にノイズ耐性が上がります。同時に、ギターのキャビティに導電塗料を使用した際と同様、高域につきましては軽いロールオフがございます。
ノイズ耐性を高めますため、基板と筐体は基本的に通電させた状態(基板のアースと裏蓋の削った部分を合わせた状態)でご使用いただきますことを推奨いたします。
以上よろしくお願い致します。

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

One Control ( ワンコントロール )
Minimal Series 1LoopBOX

商品ID:188452

¥3,780(税抜)

(¥4,158 税込)

  • 送料無料

41ポイント内訳

  • 41Pt

    通常ポイント

  • 41Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top