ここから本文です

AKG

JVC ( ジェイブイシー ) / HA-SZ1000

JVC ( ジェイブイシー )  / HA-SZ1000

  • JVC ( ジェイブイシー )  / HA-SZ1000 画像1
  • JVC ( ジェイブイシー )  / HA-SZ1000 画像2
  • JVC ( ジェイブイシー )  / HA-SZ1000 画像3
  • JVC ( ジェイブイシー )  / HA-SZ1000 画像4
  • メーカーサイト
■ ポータブルヘッドホン
■ 原音の迫力が鮮やかに際立つ、新構造ヘッドホン

<特徴>
■ 臨場感あふれる音場を実現する業界初"ライブビートシステム"搭載
・これまでのヘッドホンは、構造上「リアルな重低音」と「解像度の高い中高音」の両立が難しいとされていました。この課題を解決するべく開発されたのが新構造"ライブビートシステム"。新開発のストリームウーハーDB(ダブルバスレフ)と、解像度の高い中高音ユニットを組み合わせ、リアルな重低音とクリアな中高音を両立。臨場感あふれる音場空間を再現します。
■ 豊かな低域成分を抽出する業界初"ストリームウーハーDB(ダブルバスレフ)"
・重低音を効率的に引き出すと同時に、中高域への被りをなくすために、スピーカーのケルトン方式にダブルバスレフ方式を追加。密閉空間から出力される重低音ユニットの音を2つのチャンバー(空気室)に通過させることで、"デュアルストリームダクト"から低域成分を抽出し、重厚かつ存在感のある重低音再生を実現しました。
■ リアルな重低音を響かせる大口径55mmの"カーボン振動板"
・ウーハーユニットには、低音域の再生特性に優れた大口径55mmの"カーボン振動板"を採用。迫力とキレを両立した、高品位な低音再生を実現しました。
■ 解像度の高い中高音再生を実現する"カーボンナノチューブ振動板"
・専用チューニングした中高音用ユニットには、軽量で剛性の高い"カーボンナノチューブ振動板"を採用。クリアで伸びのある中高音再生を実現しました。
■ 不要な振動を抑え音質への悪影響をカット
・高剛性ユニットベースと制振材を組み合わせたことにより、不要な振動を抑制。キレのある高品位な重低音再生を可能にしました。
■ SZシリーズを象徴する重厚なリングハンガーデザイン
・本体のデザインには、臨場感のある豊かなサウンドをイメージした、シルバーのリングハンガーデザインを採用。高品位な音の世界観を表現しています。
■ マット塗装仕上げ
・SZ1000には重厚なマット塗装を施しました。
■携帯・収納に便利な折りたたみ式構造
・小さく畳んで手軽に持ち運べる折りたたみ式構造を採用。専用のキャリングポーチも付属しています。
■ 上質な仕上げを施したハウジング
■ 耳をやさしく包み込む低反発イヤーパッドを採用。
■ コードの煩わしさを軽減する"片出しコード"採用。

<仕様>
■ 音響構造:リアルな重低音と解像度の高い中高音再生を両立する"ライブビートシステム"
■ 基本構造:ストリームウーハーDB(ダブルバスレフ)
■ 重低音用ユニット(ウーハー部):カーボン振動板搭載 大口径55mmドライバーユニット
■ ウーハー部ユニットベース素材:高剛性制振モールド
■ ウーハー部追加制振構造:制振材
■ 中高音域用ユニット:カーボンナノチューブ振動板搭載 口径30mmドライバーユニット
■ イヤーパッド:低反発クッション
■ ヘッドパッド:合皮
■ 型式:ダイナミック型
■ 出力音圧レベル:107dB/1mW
■ 再生周波数帯域:5Hz~33,000Hz
■ インピーダンス:16Ω
■ 最大許容入力:1,500mW
■ コード:1.2m片出しOFC線
■ 入力プラグ:φ3.5mm 24金メッキステレオミニプラグ、メタルスリーブ(シルバー)
■ 質量(コード含まず):450g
■ 付属品:キャリングポーチ

関連商品

レビューを投稿する

  • この商品のレビューを書く

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! MISSION ペアルックで世界を救え
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top