ここから本文です

tc helicon

AUDIX ( オーディックス ) / OM2

AUDIX ( オーディックス )  / OM2

  • AUDIX ( オーディックス )  / OM2 画像1
  • AUDIX ( オーディックス )  / OM2 画像2
  • AUDIX ( オーディックス )  / OM2 画像3
  • AUDIX ( オーディックス )  / OM2 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
ボーカル、楽器録り、何にでももってこいの素晴らしい音質と抜群のコストパフォーマンスを誇り、EM誌において1999年度最優秀マイクに選ばれました。特にホームユースや小中規模のPAシステムに最適。非常にナチュラルなサウンドが魅力!!
  • ボーカル用ダイナミックマイクAUDIX/OMシリーズ。豊富なラインナップと最高のクオリティで様々な用途にベストマッチします!

  • 舞台や劇場でパフォーマンスをする際、客席に声が届いているか気になった事はありませんか?AUDIXのマイクなら、そんな悩みを解決してくれます。ムービーではポートランドのある劇場でAUDIXのヘッドセット、ラべリアワイヤレスマイク、アンビエンス用マイクに加え、2つのバンドにマイクをセッティングしてパフォーマンスを行いました。詳しくは動画をご覧ください。

  • Dean KとオーディオエンジニアのCraig Overbayによる正しいボーカル用マイクの選び方についての動画です。

  • 3回に渡って紹介するマイクテクニックシリーズ第1回。ライブパフォーマンスにおけるベーシックなマイクテクニックの紹介です。

  • 3回に渡って紹介するマイクテクニックシリーズ第2回。ライブパフォーマンスにおけるベーシックなマイクテクニックの紹介です。

  • 3回に渡って紹介するマイクテクニックシリーズ最終回。ライブパフォーマンスにおけるベーシックなマイクテクニックの紹介です。

  • AUDIX/OMシリーズの各種音声比較動画です。

■タイプ:ハイゲイン・ダイナミック・マイク、ボーカル用
■指向性:超単一指向性
■F特:50Hz~16kHz
■インピーダンス:250Ω
■付属品:ソフトケース、マイクホルダー
■重量:307g
機種名
特徴

・OMシリーズのエントリーモデル

・デザインは上位機種と同一

・マイクユニットはシリーズ共通のVLM

・シリーズ1番人気のベーシックモデル

・低音が豊か

・超単一指向性でハウリングに強い

・ナチュラルなサウンド

・フィードバックに強く、高出力

・OM3より低音が控えめで中域がクリア

・コンデンサーマイクのようなリッチなサウンド

・OM5より中域はやや落ち着いたトーン

・音抜けが良い

・音を拾う範囲が広い

・プロの現場用にデザインされたモデル

・低出力だが、音質はフラット

・フィードバックにはシリーズ中最も強い

・OMシリーズの最高級モデル

・最高級のパーツを使用

・シリアルナンバー刻印

おすすめの
用途

・カラオケや小中規模のPAシステム向き

・ボーカル、楽器など何にでも使えるオールラウンドタイプ

・OM3Sは、ON/OFFスイッチが付いているので、カラオケにも最適

・低域が強い男性ボーカル向き

・ライブ・レコーディング、アクションの激しい方向き

・スタジアムコンサートなど大会場向き

・究極のロックボーカルマイクをお探しの方に

方式 VLMタイプB VLMタイプB VLMタイプC VLMタイプD VLMタイプC VLMタイプB
周波数特性 50Hz~16kHz 50Hz~18kHz 48Hz~19kHz 40Hz~19kHz 48Hz~19kHz 50Hz~18kHz
感度 1.7mV/Pa 1.7mV/Pa 1.8mV/Pa 1.5mV/Pa 0.8mV/Pa 2.3mV/Pa
インピー
ダンス
250Ω 250Ω 200Ω 200Ω 150Ω 200Ω
最大音圧
レベル
140dB 144dB 144dB 144dB 144dB 140dB
指向性 超単一指向性 超単一指向性 超単一指向性 超単一指向性 超単一指向性 超単一指向性
重量 307g 307g 307g 307g 307g 370g

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

OMシリーズのエントリーモデルであるOM2。お求め易い価格帯でありながら、OMシリーズ共通のスタイリッシュで手になじみやすい形状を採用しています。サウンドの要となるマイクカプセルにおいては、OM3、OM11と同じCLM TYPE B方式を採用しており、音質に一切の妥協はありません。その優れたパフォーマンスにより、アメリカの音楽雑誌「Electronic Musician」では、1999年度最優秀マイクに選ばれています。

周波数特性は50Hz~16kHzとOMシリーズの中では若干狭めですが、実際に使用してみると、レンジの狭さを感じることはなく、しっかりと芯のある中音域、AUDIXの特徴でもある抜けの良さを感じることができます。癖が無く、扱いやすいキャラクターを目指しており、ライブ、カラオケ、スピーチ、楽器集音等、ジャンルを選ばずご使用いただけるのも、このモデルの魅力です。ハウリングに関しても徹底した対策が施されており、十分なボリュームを稼ぐことが可能です。また、マイクの耐久性においても目を見張るものがあります。本国メーカーサイトでは、ショッキングな耐久性テストの動画が紹介されておりますので、ぜひチェックしてみてください。

価格を抑えながらも上位機種の優れた技術を取り入れ、耐久性に優れたOM2は、初めてマイクを購入する方に最適なダイナミックマイクです。

営業部 / 井上 洋平営業部 / 井上 洋平

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.4)
  • レビュー数:14

2014/05/01

11111期待以上

投稿者名:るぅみぃ 【島根県】

初めてのレビューなので参考にはならないかも知れませんが、書かせて頂きます。

10数年前に購入した安価なダイナミックマイクを使って宅録をしていたのですが、音質に不満が出たので買い換えを、と思い検索していたところ、こちらのマイクにたどり着きました。
コンデンサーマイクも考えましたが、結構生活音の入る環境なのでダイナミックマイクを選択。結果、買って良かったと思います。
私は女ですが男性に近い声質で、下はlowFから上はhihiCまでと音域が広いほうなのですが、今まで使っていたマイクでは低音がかなり籠ってしまっていたのですが(イコライザーでもカバーしきれないほどに)、このOM2にしてからは籠りがなくなりすっきりしたクリアな音での録音が出来るようになりました。もちろん多少はイコライザーのお世話になっていますが、今までのマイクの音質を考えると録音したままでも十分使える音質です。
私の声質とマイクの相性が良かったのかも知れませんが、これからはOM2が私の相棒となりそうです。

レビューID:48846

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/01/07

11111良い!

投稿者名:最中 【大阪府】

宅録で使用してます。

XM8500から乗り換えましたが、
さすが超単一指向性・・・!
周囲の音を拾わない!

防音とか全然聞いてない部屋だけど、
雑音も全然少なくて良いと思います。

強いて言うならマイクホルダーはまりませんw
XM8500のが何故かぴったりなので使用中・・・
無理にはめ込むのが怖すぎて一度も試してないです

IFはUA-33を使用していますが、
十分な音だと思っています。
(当然上はありますが)

ただ低い声はあまり合わないかな・・?
少なくとも僕は高めの歌の方がしっくりくる

レビューID:37658

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/07/01

11111良い!

投稿者名:みやぞら 【】

今までSM58を使っていて、今回OM2にチェンジしてみましたが、SM58と比べて中域と高域の抜けが良いです。
また、あまりクセもなく、スルッと耳に入ってきますね。
ただ、低域はSM58の方がしっとりしています。歌う曲のジャンルや自分の声質によって、この音にハマるかハマらないかは決まると思います。女性ならOM2の方がいいかもしれませんね。逆にゴリゴリロックを歌う人はSM58の方が向いているかと思います。
さわやか系の曲なら、断然OM2ですね!
これからバンバン使っていこうと思っています!とても良かったです!

付属のマイクホルダーはちょっと緩いです;;

レビューID:33466

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/05/10

11111クリアでフラット

投稿者名:クマキチ 【静岡県】

今回はスピーチ用のマイクを探してこちらに辿り着きました。

これまで会場ではSM58を使用していていたのですが、「どうもこもるな~、低音が強過ぎるのかな~」と、ミキサーで調整するも、よほどマイクに声質が合っている人以外は、イマイチぱっとしませんでした。

調べてみると、SM58はボーカルマイクとしては非常に優秀で、中音域~低音域の抜けがよく、バンドサウンドの中では声が前に出るように設計されているため定番となっていますが、純粋にクリアな音質を求める場合、特性を理解していないと「ただのこもったマイク」になる危険性があるようです。

それで、騒音の少ない環境で使用する場合(特にスピーチならば)ダイナミックマイクの定番とはいえ、SM58にこだわる必要はないという結論に辿り着きました。

(ちなみにSM58を大音量のカラオケでも使って見ましたが、とても気持ちよく歌えました。私は比較的声量のあるタイプですが、声が出る人にとっては、58は大音量の中では抜けの良い〔声が前に出る〕本当にいいマイクだなぁ、と感じます。)

いくつかマイクを検討しましたが、最終的に、AUDIXのOM2とOM3が候補に挙がりました。OM3はOM2の単純な上位機種と見られがちですが、厳密には音質の特性がSM58に近いらしく、純粋で癖のないクリアな音を求めるならOM2が良く、プロでもあえてそちらを使う方もいるという意見を聞いたので、コストパフォーマンスも考え、OM2にしました。結果として、スピーチ用マイクとしては大成功でした。

SM58と比べると、非常に音抜けの良いマイクですね。特に高音の抜けが素晴らしくスピーチには最適です。(58に比べ、低音が響かない印象を受けますが、どちらかというと58の響きが独特で、実際には非常にフラットな音質だと思います)

音にクセがないため、ミキサーで如何様にもアレンジできますし、
どんな人でも合わせやすい汎用性のあるマイクだと思います。ただ、確かに印象として、音が素直すぎるので、大音量の中では埋もれやすい音質なのかもしれません。また、良くも悪くも音に個性がないため、マイクをひとつの楽器と捉えた場合、逆につまらないマイクとも言えるかもしれません。ですが、純粋にクリアでフラットな音を求めるなら、とても従順で「個性がないことが個性」と言える優秀なマイク

レビューID:32306

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/04/08

11111使い勝手が良いですね♪

投稿者名:Tasck 【北海道】

ダイナミックでどんなマイクを使ったらいいの?って時に
安価で考えるならXM8500やOM2は非常にいいですね♪

PCでO/Iを通して録るならマイクプリ等は必須かも 音量確保に
声が高い・通る声の人に向いていて、低価格のO/Iに
接続して録るにはマイクの比が上回るので 歌ってみたを
ある程度綺麗に録るには丁度いいです♪ エフェクトは別作業として;

スタジオ等でこのOM2を使うとなると若干通り過ぎたり
指向性が絞られてるのでマイクの口寄りの位置で結構変わります
結構素直に音を受け止めてくれるのでサッパリしてます

深い・重い音より軽い感じ・クリアな感じで低価格で
一本は欲しい時はOM2は始めにはいいマイクです♪

私見ですが、肉声に近い部分では私はOM2は相性がいいですが
SM58では声に低音の深みが付け加えられて雰囲気が付く
比較はそれぞれですけど、私はそんな感じでした。

OM2が良かったらOM3~OM5も視野に入りますね♪

レビューID:31502

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! KOMPLETE KONTROL特集 パスワードを入力してプレゼントをGET!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top