ここから本文です

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / New Forest Green Compressor

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / New Forest Green Compressor

  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / New Forest Green Compressor画像1
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / New Forest Green Compressor画像2
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / New Forest Green Compressor画像3
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / New Forest Green Compressor画像4
  • メーカーサイト
ノイズを極限まで減らし、歪みは最小まで抑える。 きわめてシンプルな目標のために何百回とテストを 重ねあげて、遂に満足のいくコンプが出来上がりました。
そのサウンドは自然、ナチュラル、ウォームという言葉よりも、透明、ピュア、という言葉のほうが当てはまります。
さらに、ロータリータイプの2モード切替スイッチにより、コンプモード、サステインモードに切り替えることができ、サステインモードでは非常に透明感のあるロングサステインサウンドを実現することができます。その操作性は二台の高級コンプを足元に置いているかのごとくあなたのサウンドを強力にサポートします。

このペダルは シンプルに、ギターの持つ透明なトーンを十分に引き出すために開発されました。
このコンプレッサーはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。

●オリジナルForest Green Compressorとの違い
オリジナルForest Green CompressorとNew Forest Green Compressorには、多少ながら違いがあります。
■筐体
ずっしりと重いオリジナルForest Green Compressorは亜鉛ダイキャスト筐体を採用していますが、New Forest Green Compressorはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。
■コントロールノブ
搭載されるコントロールに違いはありませんが、配置が変更され、トグルスイッチだったオリジナルForest Green Compressorに対してNew Forest Green Compressorはロータリースイッチとなっています。
また、オリジナルモデルに比べ、幅広いトーンコントロールを搭載しています。
■ジャック・スイッチ類
New Forest Green Compressorでは、生産性向上のため、インプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接配置して製作されています。
そのため、インプット/アウトプット/アダプタージャック、フットスイッチが変更されています。
■サウンド
オリジナルForest Green Compressorのサウンドを踏襲していますが、パーツの違いによりほんの少し、違いはございます。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.7)
  • レビュー数:6
この商品のレビューを書く

2019/09/15 

11111素晴らしい

投稿者名: 【大阪府】

やはり名器と言わるるに足る性能です。つまみ自体はシンプルですが最初のうちはあまり捻りすぎたり変更する必要もないと思います。
とにかくベースとの相性がいいのかすごくきれいな音が出ます。私の場合かけすぎるとミドルが弱くなり音抜けが悪くなる気がしますが、とにかく大好きな音が出ます。
前使用していたのはEBS,リミッターエンハンサーなどですがこれが今のベースには1番合っていると思います。

レビューID:95824

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/01/20

11111クセの強い職人気質なペダル

投稿者名:MK 【東京都】

ベースで2年ほど使用しています。
COMPモードのみの使用。SUSTモードは使ってません。

結論からいうと、純粋なコンプレッサーを求めているなら買うべきではありません。
写真を見ての通りその機体としてはコンプらしいツマミがCOMPR以外にありません。それどころかTONEという珍しいノブまで付いています。
レシオ、スレッショルド、アタックみたいな細かい調整が完全にできません。要するに「メーカー側で最適な設定をしましたよ」という意図なのでしょう。それゆえに説明不足感が否めず最初はかなり混乱します。
 
さて、肝心のCOMPRですがおそらくスレッショルドとレシオの調整かと思われます。右に行けば行くほどパコパコ感が増し同時に音もデカくなります。
ここで最適なコンプ感を見つけてLEVELで音量を調整しろという意図でしょうか。
12時でもかなり強めなコンプが働きます。僕は9~10時ほどで、スラップすると「コンプ効いてるな」とわかる感じで使ってます。

TONEですがこいつがこのペダルのキモであり、最大の特徴かつ混乱の原因です。コンプをかけ、レベルを調整したあとの音域調整といったセクションです。
一般的なTONEツマミとは違い高音の調節に使うのではなく「どの帯域を強調させるか」という調節に使います。
おそらく、左に振り切りフルレンジ(強調なし)、そこから低音→中音域→高音を強調します。これがきちんと説明されていません。めっちゃわかりにくいです。(説明書には英語で書かれていますがピンと来ません。)
GtBa兼用であるためにこういう処置を施しているのでしょう。
ただ、これに気付くとすんなりと音が作れるようになります。だいたい9~11時くらいでベースに向いた設定になるのでは。

長々と説明しましたが最後にもう一度。
純粋なコンプレッサーを求めているなら買うべきではありません。DAWプラグインのような細かい設定はできません。そういうのを求めてるならMXRのM87を買うべき。
しかし、上記の点を理解するとこのペダルは自分のトレードマーク的立ち位置になります。僕はこいつのコンプとブースターの中間みたいなキャラクターが気に入っています。常時かけっぱなしです。
人を選ぶ堅物職人系のエフェクターですが、自分のものにできるととても楽しいペダルです。

レビューID:88903

参考になった人数:6人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/09/17

11111コンプ

投稿者名:ひゆう 【東京都】

便利

レビューID:75735

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/11/10

11111良い買い物

投稿者名:E.J 【広島県】

これとhandwireの物と迷いましたが、こちらの方がTONEの効き具合が、好みなのでこれに決めました。深くかけてもノイズが、ほとんど感じられず気に入ってます。現在持ち運びしやすい簡易ボードを作成していますが、こいつを組み込む予定です。2つのモードがあり、控えめなCOMPからなかなかエグいCOMPまで守備範囲も広いと感じました。
【追記】
電池を交換しようとしたところ電池がどんなに向きを変えても入りません。はじめに入っていた電池を見たところ角の方が欠けていました。強烈な圧をかけて蓋を無理やりに閉めたのでしょう。結局、1時間試行錯誤しましたが蓋がきっちり閉まりません。寸法が合ってないです。電池派の人は、この商品はやめたほうが良いです。

レビューID:58738

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/01/18

11111IKUOさんも愛用!

投稿者名:埼玉のくまもん 【埼玉県】

国内屈指のテクニカル系ベーシストのIKUOさんが愛用しているということで購入。コンプにはかなりこだわるIKUOさんが絶賛するのも納得です!
ノブの効きも非常にわかりやすく、直感的に欲しい音に近づけることが出来ます。18V電源を使用していますが、9Vのときよりも音がぐっと前に出る感じ。僕は常時かけっぱなしで使っています。

レビューID:53856

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

MAD PROFESSOR (マッドプロフェッサー)
New Forest Green Compressor

商品ID:180525

¥18,500(税抜)

(¥20,350 税込)

  • 送料無料

203ポイント内訳

  • 203Pt

    通常ポイント

  • 203Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top