ここから本文です

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / Deep Blue Delay

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay

  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay 画像1
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay 画像2
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay 画像3
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
■ギター用エフェクター
■ディレイ
■コントロール:レベル、ディレイ、リプレイ
■ナチュラルで透明感溢れるサウンドが魅力のデジタル/アナログハイブリッドディレイです。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.3)
  • レビュー数:3
この商品のレビューを書く

2018/10/01

11111ハイブリッドとは言い得て妙

投稿者名:Day dream nation 【東京都】

デジタル/アナログハイブリッドディレイのハイブリット
との記載がありますが基本的にはデジタル回路です。
デジタルディレイのアナログシミュレートみたいな感じですね。
ただ、BBD仕様じゃないのに何故かアナログ特有の発振もさせられるという。
そしてデジタル特有のロングタイムディレイの設定も可能。良いとこ取りみたいな感じですかね。
ディレイの感触で言えば
デジタル30%:アナログ70%
と言った印象です。結構アナログ寄りです。
総じてなかなか面白いディレイです。

レビューID:85846

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/02/27

11111ワイヤリングの違い

投稿者名:MID 【東京都】

<ハンドワイヤリングとPCB>
(printed circuit board=プリント回路基板)

本国フィンランドの006P電池について。
附属していた9V電池の容量は7.11Vしか蓄積してなく使いものにはなりませんでした。

ハンドワイヤリングは、電線を手作業でハンダ付けしてゆくため、機器内にスペースが必要ですが、電線の太さと電通、結束が手の感触で確認ができます、しかしハンダ付けは経年劣化や初期検査には気付かないハンダの浮きがあり、ぼくも使用中に同社製品が断線したことがあります。ハンドワイヤリングは、バックパネルを開封後検電テスターと目で故障箇所が検知できるため自分で修理することができます。加えて、ジャックやスイッチ類は独立して接続されているため、衝撃にも強く、劣化の場合は修理交換ができます。

PCBの場合は、ジャック類すべてが基板にビルトインされているため、製作が早く、省スペース回路であり、コストパフォーマンスに優れています。基板に無理な衝撃が加わると基板からパーツが脱離または断線し修理が効かない場合があり、過去には基板からハンドワイヤリング接続に変更して修理したことは数えきれません。

旧Deep Blueの場合は、従来品はハンドワイヤリングでありボディは亜鉛ダイキャストで頑丈です

New Deep Blueはジャック類すべて基板に据付けられており、フォンジャックやインナーマイナスDCジャックなどの板バネも強く、カッチリはまり、動作中のLEDも凄く明るく、明るい照明下でも視認できるほどに向上していました。006P電池のコネクションもハード樹脂製品に変更されており、電池で使用することを意識しているのは、電源ケーブルからの収拾ノイズを嫌ってか、このペダルはroopでもディストーションの前段でも後段でもストレートに音を出してくれる証拠だと考えます。

<サウンドチェック>
PCB版はアルミダイキャスト製に変更され、すごく軽い

音は、PCB版で充分であることを確認しました。原音がそのままスルーしてアンプにゆく設計でデジタルでありながらアナログ出力であり、フィンランドが生み出した素晴らしいエフェクターを再確認しました。

February 2017

レビューID:70632

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/02/26

111deep blue delay

投稿者名:anemone 【神奈川県】

同メーカーのコーラスがとてもよかったので購入してみました。これをつなぐと全体の音がなんだかデジタルっぽっくなるような気がします。
ディレイは初めて購入です。
アンプ⇒ブースター⇒コーラス⇒ディレイ⇒ディストーション⇒ギターの順です。
アンプとディレイの間に上記を挟んだら音のデジタルっぽさが少し緩和しました。
そんなに重たくもないし、せっかく買ったので使います。

レビューID:70600

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

MAD PROFESSOR (マッドプロフェッサー)
Deep Blue Delay

商品ID:180194

¥18,500(税抜)

(¥19,980 税込)

  • 送料無料

199ポイント内訳

  • 199Pt

    通常ポイント

  • 199Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
みんなでつくる新音楽用語事典 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top