ここから本文です

tc electronic

JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ ) / 100HDM

JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )  / 100HDM

  • JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )  / 100HDM 画像1
  • JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )  / 100HDM 画像2
  • JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )  / 100HDM 画像3
  • JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )  / 100HDM 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
Jet Ctiyのフラッグシップモデル。フロントパネルをメタルグリルに、内部にはブルー照明を搭載。ライブステージで格別の存在感を放ちます。世界のトップギタリストを魅了し続けたソルダーノ伝統のハイゲインサウンドを継承。滑らかかつ図太いオーバードライブトーンと、明るく鮮やかなクリーントーンの最強コンビネーション!

JCA100Hをベースにフロントパネルにメタルグリル、内部にブルー照明を採用したハードなルックスのJCA100HDMのご紹介です。ゲイリームーアやクラプトンも愛用したソルダーノの伝統を継承されたサウンドをご堪能ください。

■ギターアンプヘッド
■出力:100W
■クランチ/オーバードライブ 2チャンネル
■真空管:12A×7×5、6L6x4
■コントロール:プリアンプ(ノーマル/オーバードライブ)、ベース、ミドル、トレブル、マスター(ノーマル/オーバードライブ)、プレゼンス
■スピーカーアウト:16ohm×1、8ohm×2
■エフェクトループ装備
■チャンネル切替フットスイッチ付属
■寸法、重量:63.5W×24H×24 Dcm、19.8kg
■モダンチューブアンプの伝道師、マイク・ソルダーノがデザインし、独自のハイゲインサウンドを踏襲したJetCityAmpのフラッグシップモデルです。ゲイリー・ムーアやエリック・クラプトンも愛用したソルダーノアンプ直系のトーンを存分に堪能できます。シンプルな操作性、ダイレクト感溢れる本物のチューブサウンド!


関連商品

スタッフレビュー

■ SOLDANO独自のハイゲインサウンドを再現

JET CITY AMPLIFICATIONの「JCA100HDM」は、フラッグシップモデル「JCA100H」のグレードアップ版。このアンプを語る上でまず外せないのが、マイク・ソルダーノがデザインしたモデルということ。伝説の名機と呼べるSLO100を彷彿させるコントロール配列。しかも、DEPTHを装備。これぞソルダーノと呼べるサウンドに低音をプラスできます。チャンネルはクリーン、オーバードライブの2チャンネル仕様で、どちらのチャンネルも抜群の反応の速さと、カーンと前に出てくる音ヌケの良さが際立ちます。エリック・クラプトン、ゲイリームーアといったギタリストが愛用した、SLO100直系のサウンドをこの価格で実現されていると思えば驚きの安さです。そして出力W数切替スイッチにより、100Wと50Wの選択可能。あまり音量を上げなくとも、マスターボリュームを絞り過ぎることなく、パワーチューブのドライブ感を味わえる点も魅力です。

営業部 / 山邊 祐輔営業部 / 山邊 祐輔

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:2

2016/12/02

1111いい!

投稿者名:快適ング 【東京都】

安かったので期待はしてなかったが素晴らしい。

本家ソルダーノSLO-100をラックタイプのヘッドを含め3台所有していましたが、またあの音が恋しくなりいろんなヘッドを経てこのジェットシティーHDMに辿り着きました。
YouTubeでの内容や評判等はおおむね知ってはいましたがいざ届いてギターをつなぎ鳴らしてみると。。

この値段でこの音が出るとは!

さすがにSLOのようなクリアでストレートな真っ直ぐな音には敵いませんが、ある意味こちらのほうがいわゆる「粘っこい」音では勝ってるんじゃないか??ってな感じです。
(自分はハムバッカーのギターでバッファーとブーストを繋いでヘッドへ差してます。スピーカーはセレッションのヴィンテージ30を使用)

安いわりにはブゲラよりしっかりしてるし、造りも値段以上だと思います。
フットスイッチのシールドはかなり安そうに感じますがそれ以外は問題無しな感じです。

今後は真空管を変えたりして自分なりの音を追及したいと考えております。
ゴチャゴチャいろんなボタンやスイッチがついてるのが苦手なシンプル指向な人や、安いアンプでそこそこな音を出そうと思ってる人にはオススメです!

レビューID:68275

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/07

11111コストパフォーマンス◎

投稿者名:SGヲタ 【千葉県】

・外装
価格帯を意識させないデザインと、かのSLO100を彷彿とさせるグリルやツマミのルックス。フロントの333パネルは、ネジで取り外しが容易。
純正フットスイッチのプラグには廉価な物が使用されており、可能であれば交換した方が吉。

・内装
近年のハイゲインアンプにありがちなIC等の機構が無い単純な作りで、トラブル時の原因特定や対応は楽そう。
私所有の個体は、ハンダの処理等全て綺麗に成されている。

・サウンド(ハムバッカー使用の感想)
クランチチャンネル(クリーンチャンネル)はレスポンスが良く、オーバードライブチャンネルは見た目からは想像出来ない程の激歪みから、ブリティッシュ系らしいキラキラというか、パリッというかのドライブサウンドが得られる。
若干ハイ上がりではあるが基本的に大きな癖が無く、オールマイティに使えるアンプといった印象。これは使用者によって、是非が分かれるポイントかと思われる。
何よりフルチューブアンプならではのコンプ感。これをこの価格で得られるとは・・・。
50/100wの出力切り替えがあり、用途や場所によって切り替えることで、更に音作りの幅は広くなる。
真空管を変えた場合も、恐らく大きく変化しそうなので今後試したい。

・操作感
2チャンネル構成で、フットスイッチでのみ切り替えが可能。場合によってはアンプ側で変えたい時もあるのでここは少々不満。
なおスイッチ切り替えのレスポンスは違和感なくスムーズである。
アウトプット端子は非常にわかりやすく、初めてアンプを持つ場合でもオーム数間違い等は起こりにくい印象。
各種ツマミも良く効いており、細かなセッティングに対応できる。

・総評
さすがソルダーノ氏が名前を出すだけあって、現場使用に耐えうるであろう出来栄え。
SLO100の代わりにはならないが、とりあえず自分の大出力なハイゲインチューブアンプを、手頃な価格で探しているバンドマンにはとてもオススメできるのではないかと感じる。
機構が単純という事は、これを使ってアンプの仕組みを勉強することだって出来るはず。
真空管を変えてみるもよし、ガワを張り替えてみるもよしetc...。

試しのつもりで買ってみたが、JCM900を抑えてメインになりそうな状態だ。

レビューID:64951

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 音魂ぐらんぷり 100位まで大公開! 一般投票開始!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top