ここから本文です

SIT STRINGS ( エスアイティストリングス ) / S942 EXTRA LIGHT POWER WOUND NICKEL ELECTRIC

SIT STRINGS ( エスアイティストリングス )  / S942 EXTRA LIGHT POWER WOUND NICKEL ELECTRIC

  • SIT STRINGS ( エスアイティストリングス )  / S942 EXTRA LIGHT POWER WOUND NICKEL ELECTRIC 画像1
  • メーカーサイト
SIT STRINGS社独自の「ステイ・イン・チューン加工」により、チューニングの安定性が向上し、ハードなピッキングにも耐えられる頼もしい弦です。

[直輸入品]

■タイプ:エレキギター弦
■シリーズ:Power Wound
■ゲージタイプ:Extra Light
■ゲージ:009P、011P、016P、024PW、032PW、042PW

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.9)
  • レビュー数:18
この商品のレビューを書く

2018/11/10

11111気に入りました!

投稿者名:こぅた 【沖縄県】

初めはschecterのギターに張られていたのを使用しました。今まで使用していた弦に比べ馴染み易いと感じ、この弦を使用する様になりました。鳴りも良いし、フロイドローズと組み合わせていますがチューニングのズレも無いのでガシガシ弾いてます。
沖縄では見かけない弦なので音屋にて購入。送料も2セット買えば金額的に無料になるので有難いです。

レビューID:86950

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/09/20

111111・2弦のオマケがありがたい!

投稿者名:insmusic 【兵庫県】

まず、1弦2弦が二本ずつ入ってるというのは
非常にありがたい!

しかも安価な製品のクオリティではなく
弾き心地も優しく、且つ変な引っ掛かり感もなし。
実際のテンションには変わりないのかもしれないが
比較的柔らかく感じ、コード押弦時もスムーズな印象。

音は、低域抑えめ 高域の抜け良し
かといって腰がないわけではなく
その上 名前の通り チューニングの安定度はなかなかのものです。

興味のある方は 一度試されてもいいんじゃないかなと 思います。

レビューID:75829

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/21

11111中々良いです!

投稿者名:yoshi 【福島県】

ロングスケール、フロイドローズのロック式に使用しました。アーニーから変えてみました!
アーニーよりはテンション強めかと。
ボールエンド部分はカットして使用していますので、
チューニングが安定すると言うのはあまり実感出来ず。
1,2弦のスペアもついていますし、バランスが良く
好みの弦です。

レビューID:65832

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/14

11111気持ちいい♪

投稿者名:ブルージー 【熊本県】

1.2弦のスペアが付いてるのがサウンドハウスさんのみのようです、これは助かります。また1・2弦のハーモニクスも気持ちよく鳴ってくれます。今のところ欠点はありません。とても良い弦にめぐり合えました!ありがとうございますm(__)m

レビューID:65681

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/05/31

11111とにかく、チューニングが狂い難い弦

投稿者名:Gilles 【石川県】

地方でも購入できる弦はアーニ―ボール、ダダリオ、フェンダー、ギブソン、ヤマハ等など選べるメーカーはとても少ないです。通販で購入する以外ありません。

からっとした明るい音色を求めるならアーニ―ボールが良く、それと双璧をなすのがダダリオだと思いますが、とにかくチューニングが狂い難い弦を選ぶとしたらSITの弦が一番合っていました。

(チューニングの狂いの原因である、ナットの加工、トラッドな6点留めのシンクロナイズドトレモロのストラトキャスターの場合は、トレモロアーム周りのセッティングが上手く調整されていることが大前提ですが)フローティングをして1音半アームアップできるようにしていますが、調整次第でほぼ狂い難くなります。そして、弦がSITならさらに狂い難くなります。

アーニ―ボールともダダリオとも違う音色ではありますが、錆びてもテンションが強い(変わりにくい)ものはSITの弦でした。アーニ―ボール、ダダリオ、ROTO SOUND、ケンスミス、古くはヘイマーの弦等の中で錆びてもテンションが変わりにくいものはSITの弦でした。

一度使ってみられて音色等が気に入らなければ、今まで使われていた弦を使われれば良いと思います。

いくつものメーカーの弦を使いましたが、音色で選べば違う選択になります。しかし、兎に角、チューニングの狂い難い弦を求めるのならSITの弦になりました。

竹中尚人(Char)さんは、このシリーズより上級シリーズを使われていますが、Charさんだけではなく、ストラトキャスターやチューニングが狂いやすいといわれているギターを使用されていらっしゃる方々の中で、プロ、アマ問わず、意外にSITの弦を選ばれている方々が少なくないこともこの弦を選ぶ指針にされてみれば良いと思います。

レビューID:64205

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

SIT STRINGS (エスアイティストリングス)
S942 EXTRA LIGHT POWER WOUND NICKEL ELECTRIC

商品ID:14924

¥480(税抜)

(¥528 税込)

  • 1,000円(税込)以上で送料無料

5ポイント内訳

  • 5Pt

    通常ポイント

  • 5Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top