ここから本文です

ART ( エーアールティー ) / EQ355

ART ( エーアールティー )  / EQ355

  • ART ( エーアールティー )  / EQ355画像1
  • ART ( エーアールティー )  / EQ355画像2
  • ART ( エーアールティー )  / EQ355画像3
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
XLR、フォンだけではなく、RCA入出力にも対応するステレオ31バンド・グラフィックイコライザー。

[直輸入品]

同等品の
オススメは
こちら!

■タイプ:ステレオグラフィックイコライザー
■周波数帯:31バンド
■周波数特性:20Hz~20kHz(+0.5dB)
■THD+ノイズ:0.01%
■消費電力:22W
■入力端子:XLR、TRSフォン、RCA(アンバランス)
■出力端子:XLR、TRSフォン、RCA(アンバランス)
■寸法:48.2W×8.8H×21.5Dcm、2U
■重量:4.1kg
■S/N比:94dB
■ハイパスフィルター:10~250Hz
■ローパスフィルター:3~40kHz
■レベル調整:6dB/12dB
■フェーダー:20mm
■クリップ・レベルインジケーター
■グラウンドリフトスイッチ
■電源:(Switchable) 95-130VAC, 50/60Hz

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:3
5
0件
4
3件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2010/06/01

1111コストパフォーマンス良好

投稿者名:kan 【】

ART社はマイクロフォンアンプなど精密な音響装置を作っているのでこの技術を信用し購入しました。ホームオーディオ専用でSPの低域補正に使用、プリAMP→ART355→デジタルPWA→SPと接続している。
 音質の劣化、音域の変化、音の分解能、ステレオ感(奥行き感など)ノイズなどARTが入っても元のアンプの性能はそのまま表現しました。国産の高級なグライコとまではいかなくともARTの性能に満足しています。これまで使っていたグライコは、周波数領域の補正はできましたが、音質劣化、ノイズ、POP音があり、音の分解能も悪く、音が耳障りな音になって全くだめでした。このメーカー(米国)は、ギター用エコライザ、グライコなどしか作っていないところでした。

レビューID:16699

参考になった人数:21人

参考になりましたか?
Yes
NO

2010/02/06

1111大丈夫です。

投稿者名:らじあんじゃぽん 【福井県】

発売当初から使っています。
この価格帯でこの音質・使い勝手・耐久性ですので、
アマチュアの方にはオススメできます。
かといってプロの現場でも使えていますが・・・・

レビューID:14633

参考になった人数:36人

参考になりましたか?
Yes
NO

2007/05/17

1111珍しいGEQです

投稿者名:yotaken 【山梨県】

12dB/octの可変ハイパス/ローパスフィルターが特徴的です。
ハイパスは10Hz~250Hzからローパスは3kHz~40kHzから無段階で選択できるようです。
真空管マイクプリのサーとかスーを一気にカットできたり便利でした。

レビューID:2473

参考になった人数:194人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ART (エーアールティー)
EQ355

商品ID:14702

¥19,800(税抜)

(¥21,780 税込)

  • 送料無料

217ポイント内訳

  • 217Pt

    通常ポイント

  • 217Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top