ここから本文です

AKG ( アーカーゲー ) / C3000

AKG ( アーカーゲー )  / C3000

  • AKG ( アーカーゲー )  / C3000 画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / C3000 画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / C3000 画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / C3000 画像4
  • メーカーサイト
ラージダイアフラム・コンデンサーマイクです。ワイドな周波数レスポンス、ローカットフィルターと10dBのパッドを搭載し高音圧の音源にも対応します。
■コンデンサーマイク
■単一指向性
■周波数特性:20Hz-20kHz
■感度:25 mV/Pa (-32 dBV)
■最大SPL:140/150 dB (k=0,5%)
■出力インピーダンス:200Ω
■電源:ファンタム電源9~52V(推奨48V)
■カラー:matte grayish blue
■サイズ・重量:径53mm、長さ162mm・320g
■付属品:サスペンションホルダー(H85、3/8-5/8インチ)

■お薦め用途
・Guitar、bassアンプ
・リード楽器
・リードヴォーカル
・スタジオ録音
・宅録
・劇場録音

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:3
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2018/10/05

11111マイク感度はすばらしいマイクです

投稿者名: あまぐり 【熊本県】

このマイクがボーカル向けマイクとしてあまり知らない人が多いようですが、単一指向性でなおかつ、出力インピーダンスが200Ωと極めて低い高性能マイクです。
❶ ウイスパーソング専用と言ったほうが良いでしょう。
❷ ディエッサー(サ・シ・ス・セ・ソ)の等の歯擦音まで完璧に拾います。
( 摩擦音の一種で、舌を使って狭めを作ることによって速い気流を生じさせ、その気流を歯の裏などに当てることによって強い噪音を発するものをいう )
 2000年代に入ったころから、ささやくように歌うことが主流となってきたボーカルがあります。
 ラップや叫び声(シャウトボイス)など単純に声だけを収録するのではなく、その場の空気感(雰囲気)も音として表現したい時などは、将にこのAKG/C3000が最も適しています。
 全域を拾うと誰かが書いていましたが、単一指向性なので、背面部分から離れた音は拾いません。
 そのために、ボーカル向けマイクという位置づけにあるマイクと言うことになります。
 しかし、このマイクは ART TUBEMP PROJECT SERIES と並行して使用すると莫大なパフォーマンスをを発揮します。
 まったくノイズが無い状態で、周囲3m以内の音を完璧に拾います。
 スタジオ録音に最も適しています。
(使用例)
❸ ART TUBEMP PROJECT SERIES ⇒ AKG / C3000 ⇒ ゲインコントロール付きミキサー アンプスピーカーで ヘッドホーン使用で綺麗な音が再現できます。
 ほんとうによく「 音 」を拾うので、弦打楽器(ピアノ&ギター)には向いているマイクです。
 弦の振動をよく拾うということになると思います。

レビューID:85923

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/19

11111素直な音

投稿者名:オカリナ 【鹿児島県】

購入して、まだ一回使用しただけの感想です。

他の方も書いているようにクセのない素直な音です。

たとえて言えば、水のような音。国産のS社の蒸留水のような
味の無い音では無く、ミネラルウオーターのような音です。
レコーディング後の加工はどのようにでも出来ると思います。

ただハウリングには弱い感じです。スタンドピアノに立ててみましたが、PAには厳しいかも。

コンデンサーマイクと云う事で倍音を豊かに拾うことを期待しましたが、もう一つでしたので4点とさせていただきました。

後日、ある程度音がこなれてから感想をコメントします。

今日再びリハーサルでピアノに立てました。
前回と違い、少しこなれて来たようで、ハウリングにもそこそこ強くなりました。
今までSM57で拾っていましたが、C3000の方がはるかにピアノらしい音を拾えます。
なので5点にさせていただきました。

レビューID:79001

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/07/09

11111万能マイク。全音域拾います!

投稿者名:MAエンジニア 【神奈川県】

全ての音域を拾う万能マイクです。
殆ど全ての楽器に対応していると言っても良いでしょう。
完全にレコーディング向きのマイクです。
全音域を拾うと言うことは、要らない大域まできちんと拾ってしまうと言うことです。
つまりEQ前提のマイクとも言えるでしょう。
適当に録音してそのまま仕上げる方にはお勧めできませんが、自分でEQ等を調整する方にはお勧めできるマイクです。
録音~ミックス作業まで仕上げることを前提に使用するマイクです。
録音してそのままの素材を使うのであれば、NA-1等をお勧めします。
全音域を拾うからこそ自由に加工できるマイク。
EQ前提で録音する方にはお勧めです。

レビューID:33656

参考になった人数:64人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

AKG (アーカーゲー)
C3000

商品ID:138497

¥19,300(税抜)

(¥20,844 税込)

  • 送料無料

1,040ポイント内訳

  • 208Pt

    通常ポイント

  • 832Pt

    ポイント5倍

  • 1,040Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

この商品に関連するセレクション

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
みんなでつくる新音楽用語事典 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top