iPhone/iPad/iPod touchに対応

いつも持ち歩いているiOSデバイスでプロフェッショナルなレコーディングを。ポケットに入れて持ち運べる軽量コンパクト設計のMSステレオマイク『iQ7』があれば、オーディオ録音はもちろんビデオ撮影時の音声も、高音質なステレオサウンドで収録できます。普段お使いのiPhone/iPad/iPod touchで、いつでも、どんな場所でも、驚くほど高品位なレコーディングが手軽に行えます。

リスナーからクリエイターへ

後から振り返ってみたくなる素敵な出来事は、いつも突然やってきます。そんな時、iOSデバイスと『iQ7』があれば、そのかけがえのない瞬間を高音質な動画で残しておくことができます。撮った動画は、YouTube、Ustream、ニコニコ動画などの動画配信サービスを通じて世界中にシェアすることが可能。観たり聞いたりするだけでなく、あなただけの体験を動画で記録し、シェアする愉しみを。高音質なMSステレオマイク『iQ7』がサポートします。

タテ持ちでもヨコ持ちでも、最適なステレオ定位をキープ

iPhoneをタテ持ちにしたオーディオ・レコーディングのスタイルでも、ヨコ持ちにしたビデオ・レコーディングのスタイルのどちらでも、回転機構を備えた『iQ7』のMSステレオマイクなら、常に左右の正しいステレオ定位をキープすることができます。

もっと見る

ステレオの広がりを自在に調整可能。
Mid-Sideステレオレコーディング

正面方向の音を拾う単一指向性のMidマイクと、両サイドからの音を拾う双指向性のSideマイクを組み合わせたMid-Side方式のステレオマイクを採用。Sideマイクの音量を可変させることで、ステレオ音像の広がり(ステレオ幅)を自在にコントロールできます。

『iQ7』本体にステレオ幅の調節スイッチを備え、より音源にフォーカスした「90°」と、周囲のアンビエンスや響きを含んだよりワイドな「120°」を、シーンに応じて簡単に切り替えることができます。さらに「M-S」にセットすれば、iOSアプリ“Handy Recorder”を利用してMidマイクとSideマイクの信号をそのままRAWデータとしてレコーディング可能。録音した後から、ステレオ感の広がりを30°~150°の間で自由に調整することができます。

iPhoneケースは装着したままでもOK

iPhoneケースを装着したまま『iQ7』を使いたい。そんな時は、底面の脱着式ケースアジャスターを取り外してください。『iQ7』のLightningコネクタは通常より長めに設計されているので、プロテクトケースを装着した状態のiOSデバイスにも『iQ7』を接続することが可能です。録りたい瞬間が訪れたら、シンプルに『iQ7』を接続して、すぐにレコーディングをスタートできます。

※ケースによっては適合しない場合があります。

高機能な録音アプリ“Handy Recorder”

App Storeから無償でダウンロードできる高機能な録音アプリ“Handy Recorder”を使用すれば、『iQ7』の機能をフル活用することができます。録音フォーマットを音質重視のWAVフォーマットまたは容量優先のAACフォーマットから選択できるほか、録音レベルのモニタリングや、ヘッドフォンボリュームの設定、音声を感知して自動的に録音を行うオートレコード機能、録音済みファイルに重ね録音するオーバーダビング機能を利用可能。録音データは、トリム/ディバイドなどのオーディオ編集やEQ/リバーブ/マスタリングといったエフェクト処理を施して、メール添付で配信したり、音楽共有サイト“SoundCloud”にアップして世界中に公開することも可能です。