ここから本文です

HOME

ダイナミックマイク

ダイナミックマイク

ボーカルをはじめとするあらゆる楽器の収音に使えます。耐久性がより高いため、特にステージにおいて使われます。 コイルに直結したダイアフラムの振動によってコイルを動かし、電磁誘導で発生した電圧を取り出し音声にかえます。

コンデンサーマイク

コンデンサーマイク

コンデンサーについた2枚の振動板のわずかな変化を検出し、電気信号に変換する構造により、ダイナミックマイクと比べて、クリアな高域特性を持ち、細かな音の動きも敏感にとらえることが出来ます。使用する場合は、ファンタム電源を供給する必要があります。
・注意点
衝撃、湿度の影響をうけやすくデリケートなため取り扱い、保管には注意が必要です。


ポップガード

ポップガード

ボーカルレコーディングの際にポップノイズ(吹かれ)を防ぐためのアイテム。
マイクに唾がかかるのを防いだり、マイクとの距離を取るためにも有効布や金属のメッシュ素材が使われ、マイクホルダーやスタンドに装着して使います。
・注意点
PG6や23956等、一般的なポップガードは取り付け用のクランプが付いています。
マイクスタンドに挟み、締めつけて固定します。RODE NT1-Aなど、ポップガード一体型サスペンションホルダーが付属しているものもあります。


マイクホルダー

これにセットすることでマイクをスタンドにセットできるようになります。マイク購入時に付属しているものもあります。
マイクによっては専用のものしか取り付けができないこともあるので注意が必要です。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプ

マイクを差し込んで使います。マイクの太さに合わせて選びます。

クリップタイプ

クリップタイプ

バネを仕込んだクリップタイプはグリップを挟みこんでとめることができます。

ショックマウントホルダー

ショックマウントホルダー

振動を吸収する構造を持ち、コンデンサーマイクに用いられます。


マイクケーブル

接続する機器、使用するマイクの種類によりケーブルのコネクター形状が異なります。

使用マイク:ダイナミックマイク
接続機器のマイク入力端子:XLR
CLASSIC PRO MIXシリーズCLASSIC PRO MIXシリーズ

使用マイク:コンデンサーマイク
接続機器のマイク入力端子:XLR
CLASSIC PRO MIXシリーズCLASSIC PRO MIXシリーズ

使用マイク:ダイナミックマイク
接続機器のマイク入力端子:フォン
CLASSIC PRO MIPシリーズCLASSIC PRO MIPシリーズ

※マイク入力端子がフォンの場合、ファンタム電源を供給することができないため、コンデンサーマイクを接続して使用することはできません。
(例:CLASSIC PRO / KOK 500 に、RODE / コンデンサーマイクなど)


おすすめの定番ボーカルマイク

AUDIX / OM3AUDIX / OM3

音抜けが良く、輪郭がはっきり鮮やかな音。感度が良く低音もしっかり出る。ハウリングに強い。

SHURE / SM58SHURE / SM58

世界的定番でどのシステムにもジャストフィット。パンチのある中低域が魅力、音の芯がしっかり録れ、存在感もある。


セール 大幅値下げ市

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
NAMM Showレポート2019 百音繚乱!音楽好きたちのミニライブ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top