ここから本文です

TARO さんのレビュー一覧

SONY
MDR-CD900ST
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:13,750円(税抜)
(税込 14,850円)
参考になった人数:11人(52人中)
(5.0) 自称、アイディアメン / ためしてがてん 2015/12/02
900STの評価は国内超定番なため、ほぼ言い尽くされ、私が新たに言及する余白はないようです。
(装着感について)
「onイヤー」900ST、半日も付けっぱなしでDTMしていると、私の場合、耳のみならず、両耳部位の神経が異常をきたし、曲作りどころではなくなります。
私は頭を挟む板状バネ部分を「緩すぎる」ほど(強引に)広げています。そのまま寝ても気にならないほど「ゆるゆる」です。耳に優しいです。
しかし、シビアな楽曲制作としては可愛そうな音?になります。
わたしは、とりあえず音楽が聞こえていれば問題ないときは、こうして「ゆるゆる」900STでDTM曲作りです。
そして、ここぞという局面で、100円ショップで買ってきた「幅30mmのバックル式ベルト」を適当な長さに切った「特性ヘッドギア(バンド)」で、頭を900STイヤーカップでサンドイッチにし、900STの音が絶対に外部に漏れないほどに「特性ヘッドギア」でイヤーカップもろとも、両耳を締め付けてDTM音作りをしています。
この特性ヘッドギアを使うことで、曲作りの「要所」では、900STの高域から低域すべての音が漏れなく聞き取れます。要所以外は、「ゆるゆる」900STを頭に「ちょこんと」載せているだけになります。この特性ヘッドギアは「音が漏れないように両手でイヤーカップを強く押さえる」行為(所作)と、同等の「音漏れ」回避が可能となります。
「低域」はどんなに製品ヘッドバネを「すぼめる」ことで、耳を押さえつけても、構造力学的な理由で、音源よりは低域減衰避けられないと思います。力学的に、特性ヘッドギアだとほぼ低域、音源通りに出音してくれます。
 多くの人は、頭痛を警戒して900STを「首輪?」にしている時間が多いと予想しています。
個人的には「ゆるゆる900ST」と「きつきつ900ST」を使い分けてのDTM作業は、頭痛を防げるため、良い方法だと思っています。一番の効能は「ヘッドギアきつきつ900ST」は楽曲音源の総体及びディティールが、イヤーカップ内においてのみ(ほぼ)定位されるため、空間系エフェクトなどで、ストレスなく音作りが構築可能だと思います。両手が自由に使えるため、パソコン等操作に支障をきたすことも回避されます。個人的な900ST使用方法論でした。END 微妙に商品評価ではないため掲載ボツ?

Electro-Voice
N/D767a
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:8,580円(税抜)
(税込 9,266円)
参考になった人数:5人(11人中)
(5.0) 生声、ナチュラルに出るようです。 2015/12/02
マイクは定番系の、SM58、OM5、廉価版マイクとしてXM8500、JTSのMK-680など、全部で13本所有。内3本は、AKG-C214、オーティクAT2050、AE3300コンデンサー。
上に上げたマイクは、それぞれ用途やキャラクターは違いますが、いずれも良いマイクです。
ダイナミックは、今までOM5をメインに使ってきました。OM5より、更に高域が優れているマイクが必要になりました。レビューなど参考に、OM6かD767aか迷いましたが、D767aを選択。
D767、ボーカルで初めて使った印象は、OM5より神経質で、ほんの僅かでも「下手」なところがあると、「下手のまま」出音してしまう、という点で、際立った印象がありました。その日の体調もボーカルにそのまま出てしまいます。少しの妥協も許されないように感じました。この点OM5はD767よりは包容力があります。多少のミスは多めに見てくれる感じがします。しかし、上の「神経質」は、裏を返せば「繊細さ」ということでもあり、扱いに慣れるにつれ、本当に良いマイクだと思えるようになりました。
ちなみにボーカルは、ビートルズ、サイモン&ガーファンケルなどの洋楽が特に好きで、邦楽は。さだまさし曲、尾崎豊iなど、女性曲も「中島美由紀曲の多く、雪の華など」いろいろ歌います。音域はその日の調子にもよりますが3オクターブほどの音域はあるようです。いわゆる真ん中の「ド=C3」から2オクターブ高域「C5」当りまでカバーしますが、D767は理想的な音を出してくれます。(具体的な「曲名」書いたほうが分かりやすいため、あえて「曲名」書きました)
「繊細」なためもあり、正しい発声が前提なマイクだと思われます。それと、声質も神経質に選ばれるような感じです。合う人は最高なマイクになりそうです。
購入目的である「高域」の自然な伸び(抜け)が優れている点は、他に書かれた評価通りです。
まだ1ヶ月ほどの使用ですが、私としてボーカルが大変良く表現され、愛着が出てきています。
 結論として、私としては良いマイクです。OM5も好きですが、D767も、OM5と同じか時としてOM5以上に良いマイクだと思えてきました。
この点、選曲とその時の気分しだいです。
 以上個人的な評価。また「音楽」を「生業」としてはいません。DTMで作詞作曲中。




ROLAND
QUAD-CAPTURE UA-55
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:21,417円(税抜)
(税込 23,130円)
参考になった人数:18人(32人中)
(5.0) DUO-CAPTUREから乗り換え 2015/11/18
iPad使用予定ないなら DUO-CAPTUREよりQUAD-CAPTURE のほうが絶対いいと思います。
あらゆる点で。7000円奮発しても、それ以上のお得感、所有する満足感は有り余るほどあります。パソコンディスプレー上で、コンプレッサーなど基本的な設定できますし、ルーフバック機能はDUO-PTUREはありませんがQUAD-CAPTUREはあります。サンプリングレートについてはいうまでもありません。
お金キビシイ方、我慢してお金貯めてからでもの購入でもお勧めです。なお、競合する他社、STEINBERG ( スタインバーグ ) 製品などについては、使用経験ないため、わかりません。
以上、あくまでも個人的な評価です。客観的評価ではありません。ご参考まで。


KOSS
KSC75
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:1,980円(税抜)
(税込 2,138円)
参考になった人数:2人(2人中)
(5.0) AKG-K712&定番SONYDT-900STと比較 2015/10/16
自分、平均的な音楽的感性所有の人?(自己評価)
ヘッドホンは、サウンドハウスで購入の、AKG-K712&SONYDT-900ST所有。
今、R&B視聴中。
KSC75と上の、比較的高額で、定番、高評価のヘッドホンとの比較。上を見ると10万超のHPもありますが、残念ながら視聴したこと無し。しかし、より高額なHPにしても、経験的に、以下に書いた点と同じことが言えると予想しています。どんな商品のレビューでも、相反する評価が存在するのは、絶対的無条件な評価は無い、ということなのでしょう。
 音源はパソコン ユーチューブ からR&B → ローランドDUOCAPTURE( たぶんご存知のオーディオインターフェース)→各ヘッドホン。
 条件は、それぞれのヘッドホンで、同じパートを2分間、聞きました。それぞれのHP視聴後のインターバルとして10秒置き、次のHPを比較視聴する。←としました。
この条件で、3HPの音楽的(感動等)優劣は付け難い印象です。
こっちが、低音強い、こっちは臨場感際立っている、などはあります。
 しかし、音楽的感動、となると、「このHPがベスト」と断言できない、が正直な印象。その日の気分もあります。R&Bに限定せず、どんなジャンルでも同じ印象です。KSC75はよい商品です。自分としては、AKG-K712あるので気分的次元で(高額)、どうしてもK712になってしまいますが。多くは洋楽系を聴き、セリーヌ・ディオン、バーブラ・ストライサンド、ビートルズなどなど、しっとり系やメッセージ性のある曲が、中心。モーツアルトなどクラッシックもよく聞きます。KSC75は、上位価格帯HPと比較しても、自分の音楽ジャンルでは十分な音楽性があるようです。平均的な音楽的感性の人、←が条件で、これ以上どんな優れた音楽性を求めての、より高価なイヤホンやヘッドホンが必要なのだろうか?、とは正直思います。ヘッドホンスパイラルとも言われているようです。
別の点として、自分で歌いながらのボーカル確認は、AKG712が微妙によい(使用マイクはOM5でHPとの相性もある?)、など様々な条件下での得意不得意はあるようです。結局のところ、一長一短かと。
なお、音楽制作となるとまた別次元の話かと。ちなみに自分はオリジナル曲を製作中。
以上、当然ながら個人的な評価になります。

AKG
K712 PRO
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:23,980円(税抜)
(税込 25,898円)
参考になった人数:8人(15人中)
(5.0) リッチでセレブな音色、繊細にして透き通るような透明感 2015/11/21
DTMでオリジナル曲製作中のものです。下記2ヘッドホンについての、リスニング評価です。
他に、SONY900ST所有。900STもDTMモニター使用だけでなく、時にはリスニングにも使用しています。 
リスニングで、K712と900STの比較です。900STもリスニングでK712と遜色を感じない曲もありますが、リスニング適性、癒され度は、やはりk712のほうが上です。k712は極上な音楽的感動に誘ってくれます。900STは「900STとは相対的に異次元のK712音楽的感動知らない限りは、必要にして十分音楽的感動に浸れる」というところか。要するに、比較対象の有無ということで、K712知らない限りは900STで問題ないのです。
900STとK712、どちらもモニター用としての評価は定番でもあり高いですが、K712はリスニングでも、素晴らしいと思います。900STは開発にあたり「モニター用途」に徹し、そもそも「リスニング用途」は100%眼中(耳中?)になかったのではとも感じます。合理的精神。対して、K712は「モニター」といえども、寧ろ「モニター」なら尚のこと、音楽的芸術性の保証は絶対に譲れない、犠牲にできない「哲学・思想」の上に存在しているのでは、とさえ思えてしまいます。製品誕生のルーツが音楽の都ウイーンならでは?
今回評価対象にした曲はモーツアルト、バーブラ・ストライサンド、ビートルズ、サイモン&ガーファンケルなどで評価。高域の美しさ極上で、極j超低音では周囲の空気振動、肌を震わせる程の迫力です。(低域弱いの評価散見は真逆!) 同時に、音場は広大で臨場感が際立ちます。900STはコンセプトとして「モニター」に特化しているとしたら「リスニング」評価の土俵に上げること自体気の毒かもしれません。900STは軽いこともあり、モニターにはもってこいで、特に長時間のDTM作業には良いです。以上、個人的評価で客観的根拠はありません。


audio technica
AE3300
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:27,800円(税抜)
(税込 30,024円)
参考になった人数:10人(14人中)
(5.0) 素晴らしいマイク 2015/07/25
レビューが少ないため、参考になればと投稿
AE5400やNEUMANNなど、より高いマイクは知りませんが、本当によいマイクです。
 比較が大切ですので、所有ダイナミックとの比較です。
定番系ダイナミックOM5を所有。OM5も素晴らしいですが、AE3300も素晴らしいです。繊細さが際立っていてボーカルの個性が細やかに伝わってきます。OM5は「抜け」が際立っている感じですが、AE3300は「繊細でナチュラル感」が際立っています。2本あれば一番いいです。どちらか1本、となると迷うところです。キャラクターの違いに過ぎないと思います。
コンデンサーを試してみたいと思い買いましたが、本当によいマイクでした。
 使用感もOM5と変わらず、ハンドノイズは、むしろOM5より少いくらいで、使いやすいです。
同時にダイナミックのOM5が、コンデンサーと比較しても、負けず劣らず本当に良いマイクだと再認識させられました。
以上個人的な感想です。

AUDIX
OM5
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:12,800円(税抜)
(税込 13,824円)
参考になった人数:1人(4人中)
(5.0) 所有している3マイク比較 2015/12/01
OM5、AE3300(オーテク、コンデンサー) 、べリンガー XM8500 比較。
なおオーテクAT2050も所有。
XM8500はコスパが素晴らしい。OM5の1/7の値段で買えるとは思えない良いマイク。私のように「高域」伸びるマイクがいい、などキャラクターのディティールにこだわらないなら、値段での先入観は持たずに、この信じられなく安いXM8500で十分だと思う。
OM5とAE3300。
キャラクターの違いに過ぎず、優劣付けがたい。3300はコンデンサ特有の、
風が歌を歌っているような空気感が素晴らしい。どこまでも「繊細」でナチュラルな印象。
AT2050について、基本的にAE3300と同じな印象ですが、「繊細な空気感、ナチュラル」が僅かAE3300より上回る?
 OM5は上の3300コンデンサー特有の空気感は基本的に希薄ですが、空気感と背反する要素?としての、解像度スキルが際立ち、「抜け」の良さに繋がっているように感じられます。また、ONマイク時の不要な近接効果が殆ど皆無で、私の選曲の範囲で、この点でも歌いやすく非常に良いマイクです。
(具体的には)私が、例えばサイモン&ガーファンケル「明日にかける橋」、ビートルズ「let it be」、参考になる邦楽として、さだまさし「縁切り寺」など、比較的高域(A4~C5当りの音域)に「サビパート」のある曲を「元キー」で歌うとき、所有するマイクの中ではOM5が一番きれいにコントロールできる感じです。私の音質の特徴である(と個人的に思っている)音的ウエット感を、OM5は心地よく集音してくれます。 いずれにしろ、どんなマイクでも正反対の評価があるのは、キャラクターのディティールになればなるほど、良くも悪くも「相性」がすべて、ということのようです。非本質的な点として、各々の現場でPA設定経験乏しいマイクは敬遠されるなど、ある種融通の利かないPA環境の都合により、マイクを選ばなければならないという、より優れているはずの?マイクには、不幸な現実もあるようですが、所有する中では、特にOM5が私の音質とオールマイティに「ウマが合い」気に入っています。なお所有する他のマイクも悪いわけではありません。今日EVの767a購入。後日レビュー予定です。 以上、個人的な感想です。


BEHRINGER
Ultravoice XM8500
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,380円(税抜)
(税込 2,570円)
参考になった人数:12人(23人中)
(5.0) OM5との比較。遜色なし 2015/07/14
OUDIX OM5 所有してます。 OM5との比較です。
決論として、究極の拘りがないならどちらを選択しても後悔はしないと思います。どちらの選択でも可。
XM8500は、音楽を例にすると「低域がふんわりと、ミュージック全体を包み込んでいる」ような感じになります。
OM5は、その点がない分クリアに感じます。そのため(結果として?)、高域が特に純粋に延びるような印象になります。OM5は女性的で高域が特に自信のある人はマイク喜びそう。
他の人のレビューにもありますが、XM8500の方が人や曲を選ばないような気がしますが、大差ないようにも思います。OM5が得意な高域も、上の「「ふんわり包まれた低域」の中に存在感を失わず主張している感じです。
クリア感ならOM5が少しリード。汎用性ならXM8500か。
以上、個人的な印象です。
代引き手数料、送料無料太っ腹 大助かり♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

TARO さんのプロフィール

レビュー投稿数:8件

住所:長野県

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
ジングル&テーマソング 結果発表
音楽フォトコンテスト 作品ギャラリー
LINE 公式アカウント
サウンドハウスの最短スピードお届け

特集特集・コラム

>もっと見る
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOK Twitter YouTube LINE
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~19:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top