ここから本文です

さば さんのレビュー一覧

AMERICAN DJ
PAR Z100 5K LEDパーライト
在庫状況:在庫あり
価格:28,000円(税抜)
(税込 30,800円)
参考になった人数:27人(28人中)
(3.0) 【空冷ファン付き】Z100 3K側レビューの続き 2018/01/22
注:これはPAR Z100 3K側に書いたレビューの続きです。そちらも併せてお読みいただけると良いかと。

灯具自体の性能はかなり高い。
光量は既存のPAR64ハロゲン球の750Wクラス。光色もキレイで点光源のため色ズレ・色ムラも出ない。
ズーム機能のお陰で、1本でVNからWまで対応するので、予備球や各配光角の球をセットした予備灯体を何本も倉庫にキープする必要もナシ。
ただし前の方のレビューで「配光角外への光漏れほぼ皆無」と書かれているが、コレはチト大袈裟かと。
少なくともウチの個体は9度まで絞ってフル点灯すると、筐体すき間からの所謂「生モレ」ではなく、レンズを通った拡散光が、はっきり判る位周囲に出る。
ただこれはコストカット第一の設計に起因(使われてるプラレンズがチャチ&手動のズームレンズが最絞り時に筒胴前縁から5cm位まで出て来る)する事なので、運用側の工夫で対処は可能。
(絞った時だけ筒胴状のものを前に足してやる等)

運用コストの面でも、500W球との置き換えで電気代が約1/5強に削減。
既存球1個のお値段約1万で設計寿命200時間(ウシオ)に対し、コレは本体価格約3万で50000時間(メーカーHPより)。
ただしコレはあくまでLEDチップのみの耐用時間。本体…特に電源部がそんなにもつとは思えない。笑
それでもざっくり言って球3つ切れる間だけ生きててくれれば元は取れる計算。

なのに★2つ減の理由は別述した通り、ファン付きである事による使用シチュエーション制限の問題と、ADJらしいコストカット第一の設計思想による作り込みの甘さ。さらにソコから来る整備性の悪さ。
コレ、裏蓋開けるだけでネジ8本、レンズの中側拭こうと思ったら更に6本外してLEDユニット含めた基板部全部取り外さなきゃならない。なんでこんな作りにしたんだか…。
(まぁおかげでファンの付き方含め内部の構造はよく判ったけど)
安パーツの使用は価格とトレードオフな部分なので多少は目をつぶるにせよ、基板部の固定方法は(外れる裏蓋側に全部残るようにするとか)もうちょっと工夫してくれよと言いたい。取説(英文)にもレンズの掃除について「内部側は2-3ヶ月ごとに…」と書いてあるのに…。

AMERICAN DJ
PAR Z100 3K LEDパーライト
在庫状況:在庫あり
価格:28,000円(税抜)
(税込 30,800円)
参考になった人数:47人(48人中)
(3.0) 【空冷ファン付】良くも悪くもADJらしい製品 2018/01/22
結論から言うと、導入する場所・使用するシチュエーションさえ間違わなければかなり使える製品。コスパは相当高い。
あとはどれだけ保ってくれるかだが、コレばっかりは運用してみないとなんとも…何しろADJだし。笑

前提条件付きなのは、タイトルにも書いた通り冷却に空冷ファンを使用している(動作すれば当然ファンノイズが発生する)事。
コレ、音屋さんはおろか本家メーカーHPの当該ページを見ても、冷却に関する記述はどこにもナシ。
でも実際に舞台照明用灯具を商売で使おうとする側(ウチの場合は設備だが)にとって「その灯具がノイズの発生源になるかどうか」は、実際にパフォーマンスする側や音響屋さんとのからみもあるので結構重要なファクターだと思う。(なので音屋さんも「正規代理店」を謳うならこれ位の事は調べて書いといて貰えると今後助かります)

よって大会場や屋外でのイベント、また小規模でもクラブ・ライブハウスなど、常にある程度のアンビエントノイズのある環境(言い換えればムービング系が躊躇なく使える所)であればなんら問題無く導入出来、運用コストの削減に相当威力を発揮すると思われる。
が、これを小規模スペースでやるシリアスな演劇で、パー管の置き換えに7-8本まとめて使えるかと聞かれたらかなり悩む。

長くなったので灯体そのものの評価については別述します。

さば さんのプロフィール

レビュー投稿数:2件

住所:東京都

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top