ここから本文です

トム&ジェリー さんのレビュー一覧

SONY
MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:13,700円(税抜)
(税込 14,796円)
参考になった人数:8人(16人中)
(5.0) 小音量ではダメ! 2014/12/09
基準となるヘッドホーンが欲しくて、MDR-CD900STを購入。但しMIX用でなく音楽鑑賞用なので間違った選択だと思う。…音に潤いはないし、低音もやや不足気味で、オーケストラでの重々しい曲は面白さにかける。エージングをすれば変わるだろうと、150時間ほどかなりの音量で鳴らしてみたが、多少良くなった気がするが傾向は全く変化なし。
XLR4端子にリケーブルし、エアー抜きをしてみたが、定位感が良くなり低音楽器の詰まった感じが減少した程度で、購入時の印象と大きくは違っていない。無駄な買い物をしてしまったと、ガッカリさせられたが、ジャズのライブ録音を聴いて、間違っているのはこちらの使い方だった判った。どう言う事かというと、小音量で音楽をゆったりと聴くのでなく、楽器の音自体や音像の大きさを確認するためのヘッドホーンで、微細な特徴を聞き取るため大音量が必要だったということ。つまり、大音量で鳴らせば、録音現場の状況が把握できる優秀なヘッドホーンだということ。ちょっとうるさいかなと思うくらいの音量で聴けば、演奏のニュアンスや演奏者の呼吸まで聴き取れるし、音のバランスが判別できるフラットなヘッドホーンであることを確認できた。
音楽をゆったり聴くのにはあまり向いていないと思うが、ヘッドホーンのリファレンス機としてはトップクラスの実力を保持している。評価はモーターヘッドホーンとしてのもので、音楽鑑賞用としては音符音符音符音符。

BEHRINGER
HPS5000 密閉型ヘッドホン
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:2,450円(税抜)
(税込 2,646円)
参考になった人数:0人(2人中)
(4.0) いい音してますよ! 2014/12/09
手持ちがカナルイヤホーンばかりなので2011/08に購入(2980円)。HPS5000は見るからに安っぽいヘッドホーンで、アングル調整が出来ないため耳に密着させずらく、またカールコードは物に引っかかり易く邪魔に感じる。使用頻度は左程多くないがイヤパッドの薄い合皮ラバーが破れ、見苦しいので全部剥いて使用している。外観的には本当に安物だと感じるのだが、耳にきっちり密着させて聴くと割りとワイドレンジでしかもスッキリとした音でJAZZやヒュージョンなどは面白い。
ソニーMDR-CD900STをXLR4端子にリケーブルしBTLで再生しているが、低音の過渡特性はHPS5000の方が良いように聞こえる。…ドライバーユニットが小さい分、制動しやすいのかもしれない。
バスドラムやベースの音の立ち上がりが早く、結構気持ちが良い。スネアやハイハットの音がややキンキンとしがちだが、あまり嫌味を感じないのでこれで良いのかも。楽器の定位は並、奥行き感の表現力も並であるがやや前に張り出してくる(低音楽器)。音質的には明るくも無く暗くも無いニュートラルな感じがする。2千円代でこれだけの音が出れば文句を言うのは大間違い。
3年使用して、パットラバーの破れ以外で支障がないので耐久性も合格か?
因みにアマゾンで並行輸入のHPS5000が22800円!?で売られている。パッケージ等はサウンドハウスの物と全く同じで違いは確認できなかったが、2万円代で売られていることを知ったら、音が急に良くなった様な気がしてしまうのは私だけなのだろうか?


CLASSIC PRO
CPH7000 密閉型モニターヘッドホン
在庫状況:在庫あり
衝撃特価:3,980円(税抜)
(税込 4,298円)
参考になった人数:3人(79人中)
(3.0) リピート購入、決め手は価格。 2011/08/23
2011/08/22サウンドハウスより出荷手配の案内メールがあり、間もなくCPH7000が配達されてくる。2個目の購入となる訳だが、今回も自分用ではなく(最初の購入は息子用)還暦となった兄への還暦祝いで、PC用オーディオシステムの一パーツとして購入した。本当はスタックス等のヘッドホーンを贈ってやりたかったが、予算捻出が出来ずCPH7000を贈ることになった。価格が決め手となった訳である。しかし、値段だけで決めたのではなく、ヘッドホーンの分解能を考えての選択で、CPH7000がそこそこ分解能が良かったからである。
そこで、初回購入のCPH7000息子所有)についてレビューを書きたい。
購入前にほかの人のレビューを読むと、「最低100時間のエージングが必要」等々のコメントがあったので、TVのイヤホーン出力端子に繋ぎ65ホーン前後の音量で100時間超のエージングを実施してヒヤリングした。その結果は、購入直後全帯域歪みっぽいがエージング後は歪みがかなり減っている。音質的には、低域が不足し中高域が強調された硬質な音で、音楽鑑賞にはやや不向きに思われたが、分解能はそこそこあり、やや大きめの楽器編成でも各パートの楽器の音を聞き分けることができた。イコライザーで、750Hzを-3db、120Hzを+5db程イコライジングしてやると聴き易くなった。あるレビューで「帯域が狭くカマボコ型」と書いてあったが、24bit192kHzの音楽ソースを24bit44.1kHzにダウンサンプリングして、聴き較べたところ、明らかに音質の違いがあり、高域が出ていない訳ではないと思う。
現在、CPH7000の使用時間は1000時間は有に超えているとおもわれるが、試聴してみたところ、100時間超のエージング時と余り変化がない様である。もう少し硬さが取れるといいな、と期待していたのだが。
2個目の製品が、アタリであることを祈りたい。


トム&ジェリー さんのプロフィール

レビュー投稿数:3件

住所:神奈川県

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top